湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ジオパークで湯沢市役所新規採用職員研修。

2016-07-21

 こんばんは、ゆざわの子です。本日は、先日行われました市役所新規採用職員研修「ジオサイトを巡る」についてお伝えしたいと思います。
 湯沢市役所の新規採用職員研修は、6月から9月にかけて6日間の日程で行われておりまして、主に各部局部長からの事務事業についての講義が中心となっていますが、大変ありがたいことに、6日間あるうちの1日がジオパークについての研修となっています。数年前から、新規採用職員研修メニューにジオパークが取り入れられ、この研修を毎年続けることにより、自然と数十年後には市役所職員のほとんどがジオパークの活動を理解している市役所となります。
 今回の研修は、市役所会議室において、座学(ジオパークの概要とゆざわジオパーク活動について)を行った後、実地研修として、こちらで設定したジオサイトを案内して頂く他に、担当以外のジオサイトについては、質問事項を準備し、案内役に質問してもらうこととしました。
 
市役所スタート
 座学でジオパークについてやゆざわジオパークのストーリーや活動について講義した後、市役所前を出発し、実地研修スタートです。(人事担当の方で、ジオパークの話しを聞くのに夢中になってしまい座学の写真を撮り忘れたそうで、座学時の写真はありません)。


力水
 各ジオサイトの案内担当は、なるべくそのジオサイトの出身者を割り振らさせて頂きましたが、隣市や隣町出身者の職員もいたため、業務内容等も考慮して割り振らさせて頂きました。最初は、市役所近くの「力水」からスタートです。
 力水の近所に住んでいるためか、力水は身近な存在のようで、お茶などに使っていたとの話しが聞かれました。また、他の職員から質問も活発に出されていました。


力水3
 私の役割はと言いますと、質問について間違った回答をしている場合のフォローや補足説明となる訳ですが、スーパーマンではないので、どうしてもわからない所は、後日回答することとして対応させて頂きました。また、研修を受けて「良かった」と思ってもらえるように、各ジオサイトで「なるほど!」と思って頂けることを数点用意し、小道具も使いながら説明させても頂きました。また、双方向で緊張感を持ちながらも楽しみながら研修を受けてもらえるよう対応させて頂きました。


小町の郷公園
 小町の郷公園にて小野小町伝承と二ツ森についての案内となります。案内役はこちらの近所に住む都市計画課の職員になります。小野小町伝説だけでなく、道の駅に隣接する芍薬苑や最近話題の副市長ラップ動画でPRされた今週末開催される野外フェス「湯沢ストリート村」がこの小町の郷公園を会場に行われることもPRしてくれました。


院内い石切り場
 院内石採石場跡。院内銀山異人館には行けたが、採石場跡までは行けなかったとのことでしたが、院内石などの話しも詳しく説明してくれました。補足で院内石採石場跡から後ろを振り返ると院内カルデラが見えること、そのカルデラの成り立ちを説明させて頂きました。研修最後の帰りのバスの中での発表では、院内カルデラがイメージできたとの感想が聞かれ、良かったなと感じています。


市郷土学習資料展示施設 (2)
 市郷土学習資料展示施設になります。案内役の出身は市内中心部になりますが、子育て支援課の職員ということもあり、子供が石器を使って遊べるコーナーの説明などもしてくれました。研修前に施設を見学されたとのことでした。施設内の説明のため、資料室を見学して頂きながら、説明するスタイルで案内してくれました。

市郷土学習資料展示施設
 湯沢の鉱山と石材資料室には、体験コーナーがあり、新規採用職員の皆さんは童心に帰って楽しんでいました。

市郷土学習資料展示施設2
 ハンマーで石を叩いてもらい、石の硬さなどを体感してもらいました。


三途川橋
 三途川橋から三途川渓谷の地層を見てもらいながらの説明となります。建設課維持班の職員に案内してもらいました。隣町出身の方でしたが、こちらから事前配布したゆざわジオパーク総合ガイドブックをよく読みこんだ上で説明してくれました。


小安峡大噴湯 (2)
 小安峡大噴湯。地元皆瀬地域出身の職員に説明してもらいました。午前中の座学のパワーポイントの資料に自分の家の三つ葉のハウス団地の写真が使われていて嬉しかったと話ししてくれた彼は、地元出身だけあり、非常に嬉しそうに自信を持って案内してくれました。

小安峡大噴湯
 噴気口はいつもながら迫力があります。補足で、何故、高温の蒸気が噴き出しているのか。ここから少し上流に行った先にある不動滝の地形と小安峡の地形の違いの理由などについて説明させて頂きました。

 全行程終了後、市役所までの帰りのバスの中でそれぞれの職員から研修を受けての感想を発表してもらいました。研修を受ける前の湯沢市の印象は、田舎で観光客が少ないとの意見が多く聞かれました。研修後の印象は、湯沢市は何もない場所と思っていたが、地形を生かした魅力がたくさんあり、新たな発見もあった。風景(地形)の見方が変わった。地元の自然のすばらしさを何故、これまで理解していなかったのかと感じた。市郷土学習資料展示施設に学術的価値のあるものやあれだけの化石展示があることは知らなかった。小学生や地域の人にも是非見学に行って欲しいと思った。湯沢市の持つ可能性については、魅力を知れば知るほど面白い町なので、市民一人一人がゆざわジオパークを外に発信できればと感じた。市郷土学習資料展示施設があるので、石や化石が好きな層にPRしたい。ただ、観光地(魅力)へ辿り着くまでのアクセスが不便なので、その整備が必要との意見を伺うことが出来ました。新規採用職員のみなさん、貴重な意見ありがとうございました。今後のジオパーク活動に活かさせて頂きたいと思います。

 今回、初めて研修の講師を1日務めさせて頂きました。この研修は、ジオパークの本質やその活動、ジオパークを通してゆざわの魅力を再発見してもらうことのみならず、湯沢市持つ地域資源の活用方法について意識して頂いたり、プレゼンテーション能力向上などを目的とした研修だった訳ですが、それ以外にも、この4月に採用になり、3か月が経過して、理想と現実の壁にぶつかっているだろう彼ら、彼女らに公務員になって20年近く経っても、腐らずに望みをもって仕事をしている姿を見せることで、市役所で働くことへの「希望」を与えたいと思いました。
 8人の新規採用職員の一人でも多くの方に希望を与えることが出来ていたら、嬉しいのですが。
 今回の研修は、私にとっても大変勉強になりました。人事担当の皆様、新規採用職員の皆様、ありがとうございました。
 以上、本日の担当は、ゆざわの子でした。




 
 
 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング