湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

東北ジオパークフォーラムエクスカーション。

2016-07-27

 おはようございます。ゆざわの子です。現在、本日より金曜日まで新潟県で開催されるジオパーク新潟国際フォーラムへの参加のため、新潟行きの特急いなほに乗車している所(男鹿半島・大潟GPの事務局員の方々も同じ列車です)ですが、国際フォーラムの内容については、後日お伝えするとしまして、本日は、先日開催された東北ジオパークフォーラムエクスカーション(日本海コース)についてお伝えしたいと思います。エクスカーションは、3コース(十二湖コース、白神山地コース、日本海コース)ありまして、私は、八峰白神ジオパークに来るのが初めてということもあり、日本海コースに参加しました。

P1020212.jpg
 男鹿半島・大潟ジオパークでは、ゴジラ岩が有名ですが(車のCMでも使われていましたね)、八峰白神ジオパークでは、スフィンクス岩が有名となっています。ゆざわジオパークでは、人面岩があります。写真右上の岩の塊は地元の子どもが発見し、スフィンクス2と名付けたそうです。

P1020205.jpg
 濤安(とあ)の乙女像、昭和58年に起こった日本海中部地震の時の津波で亡くなられた方々の鎮魂のために建立されました。この地震は私も小学生の時に経験していて、その時は小学校の中にいて、大きな揺れを感じたと記憶しています。地震によって津波が起こり、それにより犠牲者が出るという恐ろしさを初めて知った時でもありました。防災教育の面でも大事な場所と感じました。


P1020215.jpg
 今回、一番見応えがあったといいますか、大地の大きな動きを感じたサイトになります。地下のマグマが、地層を割りながら昇ってきたことでこのような地形となっています。白っぽい帯がマグマの通り道と考えられ、その時の温度は800℃位あったと考えられています。拡大してみます。

P1020216.jpg
 これが、変質角礫凝灰岩層(黒色の岩)に貫入したデイサイト(白色の岩)になります。

P1020218.jpg
 接触部の写真になります。地球の歴史を感じます。


P1020230.jpg
 椿海岸柱状節理群。岩体は素波里安山岩で溶岩が冷えて固まった時に収縮して柱状に亀裂が入り、五角形や六角形などたくさんの石の柱が形成されています。
P1020231.jpg
 参加者のみなさんは、ガンガンと柱状節理の柱を登っていっています。私は、傘とカメラで両手が塞がっていたので、滑って転んで怪我をしたら、事務局のみなさんに迷惑がかかるかなと思い、下から眺めていました。(別の場所では、途中まで登っておりました。その証拠が一つ前の写真になります)。

 お昼は、ブラックサンドビーチカレー!
P1020242.jpg
 ダイニング福八でブラックサンドビーチカレーを頂きました。フォーラム1日目のエクスカーションで、かつてこの近くにあった発盛鉱業所の溶鉱炉から流れでてくるカラミでできています。真っ赤に流れでてくるドロドロとしたカラミにホースで水をかけると、砕け散り黒い砂ができるそうです。ハワイに行ったときにハワイ島でもブラックサンドビーチを見学しましたが、これは、火山から流れ出た溶岩が海に落ち込む時に起きる現象で、粉々になった溶岩が海岸に打ち寄せられたものとなっています。

 八峰白神ジオパーク推進協議会のみなさま、大変お疲れさまでした。おかげさまで、有意義なフォーラムとなりました。ありがとうございました。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
 

 

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング