湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

鳥海山・飛島ジオパーク構想へ認定現地審査視察

2016-08-23

こんばんは。ゆっこです。
昨日、湯沢市には台風が接近しておりました。
湯沢市も風雨ともに強めでしたが、他地域にもかなりの被害をもたらしたようですね。
みなさまは大丈夫だったでしょうか。

さて、少し時間が経ってしまいましたが、8月の13日、14日、15日に鳥海山・飛島ジオパーク構想さんへお邪魔しておりました。
目的は日本ジオパークへの認定へ向けた現地審査の視察でした。
今日はそのことについて、ご報告したいと思います。

まずは船に乗って飛島へ
1船
1時間15分くらいで飛島へ到着します。
海から眺める鳥海山は、また違った良さがありますね。海にこれだけ近く大きな火山があるのは珍しいと説明がされました。

島にある流紋岩でできた柏木山。
2流紋岩とgreentaff
海の底は綺麗な緑色の凝灰岩が広がっているんだそうです。
海の色がきれいな緑色に見える理由の一つなんだとか。

不思議な形の岩石も。
3マンモス
マンモスの形をした岩があるのですが、皆様みつけられますか?

津波堆積物が見える地層です。
4津波堆積物
審査中も、津波が来たら一目散に高いところへ逃げてください、とのご案内がありました。
湯沢は内陸なので津波がくることはまずなさそうですが、島で暮らすことと津波は切り離せないのですね。

海底が隆起しているという海岸線。
5隆起
海の深さがあるところまで平らでとても浅くなっています。このような地形でこれだけ大規模なのは珍しいのだとか。

島だからと言って、海岸だけではありません。
6ハブ
タブの木が茂る森林散策。
タブの木を主食とするアオスジアゲハも見られるのだそうです。

行程には海岸ならではのものも含まれていました。
7漁船
漁船に乗せてもらい、海上散策です。

烏帽子群島という柱状節理でできた島へも上陸させてもらいました。
8柱状節理
島になっていると360度色々な角度から観察できるので、柱状節理の形がよくわかります。

島を後にして戻ってくると、定期航路事務所にはインフォメーションコーナーが。
9インフォメーション
スタイリッシュで目を引きます。

本州でも現地審査は続きます。
柱状節理でできた崖を流れ落ちる玉簾の滝。
10玉すだれ
落差が大きく落ちてきた水が玉のようになるので、こう呼ばれるのだとか。

13日の現地最後はイヌワシみらい館。
11イヌワシ
イヌワシが住む環境を守ろうという象徴として捉えられているそうです。

このほかにもバスの中での説明や、車窓からの風景など載せきれていないことも多いのですが、今日はここまでにしたいとおみます。
視察させていただいて印象に残ったのが、ガイドさんたちがとても素晴らしかったことです。
ガイドさんたちはジオパークの顔、と言われる意味をひしひしと感じました。
ゆざわジオパークのガイドさんたちも、本当に熱心に活動してくださっていますが、とてもありがたいことだなと改めて感じました。

では、今日はこの辺で。
ゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング