湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ガイド技術を学ぶ_橋谷さん

2016-09-04

こんばんは。ゆっこです。

今日は、昨日行われたガイド養成講座についてご報告を。
湯沢市小安にあるとことん山にて、昨日今日とガイド養成講座、ガイドスキルアップ講座が開催されました。
この2つの講座の講師として、橋谷晃さんに来ていただきました。
ネイチャーガイドや山岳ガイドというような、ガイドをお仕事として専門に扱う先駆けとなった方です。

早速講座がスタート。
1橋谷さん
ゆざわジオパークには、毎年この時期に来ていただいているのです。

この日はお隣栗駒山麓ジオパークからも、橋谷さんのお話を聞きにいらしていました。
2自己紹介
初めて会った方もいらっしゃるということで、まず自己紹介から。

少し話をしてから、早速ですがまず外へ。
橋谷さんと歩くと、いろいろなものが話のきっかけになります。

例えばこのちょっと枯れているナラの木。
3なら
この木と、写真には写っていないもう一本だけが、目立ってかれています。
「なんでか知っている人いますか?」
そのような会話形式で話が進んでいきます。

大きな赤い実がなっていて、葉っぱも大きいホウの木。
4ほう
「赤い実は、トウモロコシのように小さな実が集まっているんです。ということは、あの大きな白い花は・・・」
などなど、興味をひいてから話を繋げていくので、お勉強という硬い感じがありません。

更に進んで木陰の涼しい場所にきました。
「どうしてここは涼しいのでしょう」
そんな話から、実際に土を触ってみます。
5しめりけ
この日は天気が良かったのですが、土はいい感じに湿っています。
手で触ると実感できました。

また、ゲーム性も取り入れて、地面に落ちている自分の好きな葉っぱ探し。
そしてその次は葉っぱの親探し。
親が見つかると、その木の話につなげていきます。
6おやさがし
この日選ばれたのはドングリがなる木。

木の特徴から、ドングリの豊作の年と凶作の年と動物たちの関係の話、紅葉する葉としない葉の違いの話など、どんどん話が弾んでいきます。
なんでもないような小さなきっかけから、どんどん話が繋がっていき、とても楽しく過ごすことが出来ました。

一度部屋の中に戻って、今度はなぜ、ガイドをするのか、ガイドには何が求められているのか、というお話。
7なんのために
インターネットで検索すれば大抵の情報は手に入れられるこの世の中でも、ガイドが必要とされるのは何なのか、そしてその期待に答えるためにどのようなことに気を付ければいいのか、そのようなお話がありました。

午後は、安全管理のお話。
8ヒヤリハット
いくつかの事例や危険なものなどが紹介され、それを「ヒヤリ」としたけど大事に至らなかった、という状態で何とか食い止めるためにはどうすればいいのか、また、そのような「ヒヤリ」な体験をどのようにいんなと共有して、対応策を考えればいいのかについてお話がありました。

お話の跡はワークショップ。
9ワーク
実際に、今までヒヤリとしたことについて出し合ってもらい、それを事前に防ぐためにはどうしたらいいのかまで話し合ってもらいました。

その後はそれでも実際に事故などが起こってしまった場合、どうしたらいいのか、ということについてお話があり、実際に受講者の皆さんにも考えてもらいました。
緊急事態はあまり頻繁に起こるものではなく、状況もその時によってかなり違うことが想定されます。
なので、丸暗記で対応策を覚えるのではなく、その場その場で最善は何なのかを考えることが大事なのだとおっしゃっていました。

緊急事態に備えた橋谷さんの秘密道具も披露していただきました。
10ひみつどうぐ

実際にずっとガイドをされてきた方のお話は、とても説得力のあるものでした。
私も色々と参考にさせていただけたらと思います。

では今日はこの辺で。
ゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング