湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 院内銀山墓碑地図 その他の墓地 小野地区の墓地

2016-11-15

先回に引き続き、和田家のお墓についてご案内いたします。
先回ご案内したように江戸時代に院内銀山にやってきた岩見家は金名子として
活躍していましたが、明治時代に岩見から和田に改姓したことを期しました。
今回は、和田家の中で明治時代初期の院内銀山で大いに活躍した
和田雙穂(そうすい)についてご案内いたします。


和田雙穂(わだそうすい)

和田雙穂は、主鈴坂 坂崎太吉顕彰碑設立者の一人であり、門屋盛信等とともに白金小学校創設に尽力し、平田篤胤門【気吹之舎(いぶきのや)】門人となり、神道に改宗、自由民権運動にも参加、また二人は院内町会議員も勤め、明治期動乱時代の銀山の精神的先覚者であった。 養安日記には、『養安25歳の時新庄を出て、所々を放浪して院内銀山に行き、同地の和田家に一先ず落ち着き厄介になるうち、媒酌主人あり和田家の女と結婚し、それより阿仁鉱山に赴き』
このように門屋家と和田家は親戚関係になっていた。
雙穂の継母奈保子、父方の祖父母赤坂幸助・斗良子、弟翁松の墓は共葬墓地にあるが、雙穂の墓は見当たらず。小野の高橋正作家と娘が親戚関係になった。そのため、墓は小野にあった。父作左衛門は文政8年生まれ、明治26年没、雙穂は弘化2年(1845年)生、明治35年(1902年)没 (妻のなまえのあり)


《『白銀小学校の創立に関わる。』》 (院内銀山史  渡部和男著より)
先覚者達が最初にまとまって努力したのは、院内銀山最初の近代文化としての白銀(はくぎん)小学校の創立である。
鉱山にまだ江戸期形態が残存していたころ、秋田県での小学校設立初めてこの年に白銀小学校が創立されたことは、
銀山が時代の風を敏感に感じ取っていたことが知られる。それは、教育の重要性をいち早く意識した先覚的な人達によって進められたものである。小学校創立は従来には見られなかった。新しい異質の文化をもたらし、銀山に新鮮な息吹を与えたのだろう。
『白銀小学校沿革史』(院内小学校所蔵)により時代情況・教育史的に興味ある個所を摘記する。
『前年(明治5年)有志協議して白銀小学校設立を図り、本年許可を受け募金を募り、九月二十二日賛成者74名・寄付金143円を得、教員横手町片野伊平・本町鳥海信彝(門屋盛信弟)を呼び開校準備。これらの事に関し殊に尽力せし者は門屋盛信・和田雙穂・高橋直作・村木完治等なりという』

和田家墓
小野の墓地にある和田家の立派なお墓
和田双穂
和田雙穂と妻の名前があります。この墓は戒名でなく、本名が書かれています。
和田家は神道のためこのようになっています。
和田双穂1 (2)
雙穂の誕生と死亡日が書かれています。

今回はこれにて終了
ごきげんよう、さようなら。

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング