湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

全国大会、ユニバーサルデザイン分科会3

2016-11-18

 おはようございます。ゆざわの子です。何故、朝からブログを書いているかといいますと、この後、午前9時頃から今年度のゆざわジオパークガイドの認定検定がありまして、夜はガイド認定検定審査員との夕食会がありまして、ブログを書いている時間が取れないため、今ブログを書いています。本日の湯沢市は先週の雪が何だったのかという感じで朝から快晴です。遠くには雪化粧をしました鳥海山も見えます。
 さて、本題のユニバーサルデザイン分科会の話しに戻ります。

201611180033260e6.jpeg
 この車イスを見てみなさんどう思いますか。水辺にあるということで推測はつくかもしれません。社会福祉士の国家資格のほかに福祉用具専門相談員の資格を持つ私でしたが、この車イスは今回初めて見ました。後程、ご紹介します。

20161118003300a8b.jpeg
 分科会2日目、楽寿園の後は、近くにある白滝公園で水に入れる車いすを使った研修を行いました。
見慣れない看板がありましたのでご紹介します。来園される方への注意喚起の看板です。ここでは当たり前のことかもしれないのですが、溶岩という文字が看板に出ている所が新鮮でした。

20161118003309131.jpeg
20161118003318924.jpeg
 ジオガイドさんから、公園に点在する溶岩についての説明がありました。車イスに座っている方の目線でも写真を撮って見ました。職業病?かどうしても対象者(車イスを利用している方)の視点でも見てしまいます。

2016111800333989e.jpeg
 先程の車イスで実際に公園の中にある浅い池の中に入ってみます。この車イスのタイヤですが、指で押すとすぐへこむ位、非常に柔らかかったでした。

20161118003348725.jpeg
 新しいもの好きな私は、是非、私も乗ってみたいと手を挙げ、実際にこの車イスに試乗させて頂きました。実際の車イスに乗った状態で見た風景になります。車イスを押してくれた他のジオの参加者の方、ありがとうございました。

20161118003357def.jpeg
20161118003406205.jpeg
 車イスから目の前にある岩を手で触ったり、池の水をすくったりも出来ました。

20161118003415bbf.jpeg
2016111800342552f.jpeg
  Uターンして、岸側を目指します。参加者の皆さんから注目を受け不思議な感じです。夏場には、この公園で子ども達がきっと水遊びをするんだろうな。そんな時、生まれつきまたは、事故などで車イス生活をしているお子さんもきっと池に入って遊びたいと思うのだろうなと思いました。この車イスがあれば、きっとそういったハンデを持つ子どもたちもこの車イスで池の中に入り、池の水に触れたり、岩や苔に触ってみたり、普段見れない風景を見ることが出来るのだろうと思いました。もちろん大人の方も非日常的な同様な体験ができてジオに触れることが出来るのだと思います。この車イスは、より多くの層の人がジオパークに訪れる機会を与えてくれるツールになるんだとこの分科会に参加して感じました。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。




プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング