湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 院内銀山墓碑地図 その他の墓地 小野地区の墓地

2017-01-28

小野地区の墓地の中にある特殊なお墓をご案内しておりますが、今回もその流れでご案内いたします。
特殊な墓・・日本史上最大の自然災害であった関東大震災で亡くなった人のお墓をご案内いたします。
ミラーマンがお墓を調べていた時に、偶然、関東大震災で亡くなった人のお墓を見つけたので、
今回はこの人のお墓をご紹介いたします。(院内銀山とは関係ありませんが)

菅原家1

菅原勇
このお墓の右側に書かれている内容は
大正十二年九月一日 関東大震災 於 横浜市斃
直助 二男 享年 二十有二


  それでは、関東大震災について、簡単にご案内いたします。
関東大震災(かんとうだいしんさい)は、1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒(日本時間、以下同様)に関東地方又は近隣で発生した大正関東地震による地震災害である[注釈 1]。神奈川県・東京府を中心に千葉県・茨城県から静岡県東部までの内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらした。加藤友三郎内閣総理大臣が8月24日(震災発生8日前)に急死していたため、9月1日の地震発生時およびその後は内田康哉が内閣総理大臣臨時代理として職務を代行した。
190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされる(犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県が占めている)。建物被害においては全壊が10万9千余棟、全焼が21万2000余棟である。東京の火災被害が中心に報じられているが、被害の中心は震源断層のある神奈川県内で、振動による建物の倒壊のほか、液状化による地盤沈下、崖崩れ、沿岸部では津波による被害が発生した。
ウィキペヂアより

 この図からも分る様に東京だけでなく、神奈川県や千葉県・埼玉県に及ぶ大震災であった。死者・行方不明者約10万5000人で、我が国における自然災害では史上最悪の災害でした。特に火災による死者が約9万2000人と圧倒的に多かった。それ以外の約1万3000人のうち住宅が全潰したことによる死者数は約1万1000人とこれまた非常に多い。
  地域別に見ると、震源域の真上で震度7の激震地区を持つ神奈川県がその約半分を占め、人口密集地の東京市を含む東京府がそれに次いでいる。この他にも津波による死者200~300人、土砂災害による死者700~800人の大半も神奈川県で起きている。そういう面から見れば、関東地震は神奈川県を中心に南関東一帯に被害を及ぼした地震という事が出来る。
 神奈川県での揺れが強かったことは、横浜市と東京市の住宅全潰棟数を見ても明らかである。当時の横浜市は人口約42万人で、東京市の約220万人に比べ5分の1の規模の都市であった。一方横浜市の住宅全潰棟数は約1万6000棟と東京市の約1万2000棟をはるかにしのぐものであった。
    過去の災害に学ぶ(第130)
       1923(大正12)年関東大震災  =揺れと津波による被害=より
IMG_2824.jpg
この写真では、関東地震の範囲と強度の状況図
神奈川県と千葉県で色の濃い部分が多い。
IMG_2825.jpg
当時の災害時の様子
IMG_2827.jpg
全くの焼け野原になっている。
      写真はYahoo検索画像より
今回は、これで終了いたします。
ごきげんよう さようなら。





プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング