湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

真冬のジオパーク講演会開催しました!

2017-02-16

こんばんは。ゆっこです。
犬っこまつりも終わり、少しずつ雪が少なくなっているような気がします。
若干体調を崩し気味の私ですが、皆さんはいかがでしょう。
残り少しの冬を元気に乗り切りましょう!

さて、先週末に開催しました、真冬のジオパーク講演会!
とてもたくさんの方にご来場いただき、100席準備した会場が満員!
ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。

満員の会場で、湯沢市ジオパーク推進協議会副会長の柴田武彦さんよりご挨拶。
P2120385.jpg

その後はさっそく中田さんのご講演です。
P2120398.jpg

講演会前の午前中に、少しジオスタ★ゆざわや犬っこまつりなどを見て回ってもらったのですが、その時の写真もさっそくとりいれてくださっていました。
P2120402.jpg

講演では、中田さんがよく行かれているというインドネシアのお話も出てきました。
インドネシアも火山の多い場所で、火山噴火による災害もたびたび被っています。
火山噴火によって引き起こされる災害、それを人の力でおこらないようにしようというのは、多分今後も無理でしょう。
でもだからと言って、火山は悪だ、どうして火山があるんだ、なくなってしまえばいいのに、というような負の感情を抱いてしまうのは、火山の多い日本で生きていくうえで、とても生きにくいのではないかと思います。
そしてなにより、火山があるから受けている恩恵もあります。
火山は噴火するものだ、では自分はそういう時にどうしたらいいのだろう。
一人ひとりがそういう風に考えることができればいいのかな、と思います。

講演の後には、活発な質疑応答もありました。
P2120426.jpg

中田さんのご講演の後は、休憩を少しはさみ永田さんのご講演開始です。
P2120433.jpg

永田さんは現在北海道地図株式会社にお勤めですが、その前は阿蘇ユネスコ世界ジオパークに努められていました。
阿蘇と言えば、昨年春に熊本で大きな地震があったときに被害を受けた地域の一つです。
その時に体験したことや感じたことなどもお話していただきました。

自分の住む地域は地震が起こる地域と思っている人が少なく、いざおこってみると、なんでこの地域に地震がおこったんだ、この後どうなってしまうのか、など、ただでさえ不自由な生活の中、やり場のない憤りや不安を感じている人が多かったのだそうです。
でも、日本に住んでいる以上、どの地域でも地震が起こる可能性はあります。
『おこるかもしれない』地震が起こるのと、『おこるはずがなかった』地震が起こるのでは、同じく被災するのでも心構えや気持ちの保ち方が違ってくるのではないかな、と思います。
P2120434.jpg

永田さんへも、活発な質疑応答がありました。
P2120453.jpg

今回の講演会は本当にたくさんの方からお越しいただきました。
今までジオパークの活動にかかわってくださった方ももちろん多かったのですが、広報の折込チラシを見てきていただいた方もたくさんいらっしゃいました。
情報を的確に伝えることができたら、今よりもたくさんの方にかかわっていただけるのかなと感じます。
活動内容もさることながら、広報の方法も頑張っていきたいと思います!

前回の私のブログにも書きましたが、今回の講演会に来ていただく際、講師の方々は悪天候に見舞われてしまいました。
会場へ来てくださった皆さんも、雪でお足もとが悪かったかと思います。
それでも無事に講演会を開催できて本当によかったです。
ありがとうございました。

では今日はこの辺で。
ゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング