湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

月山の麓へ

2017-03-07

こんばんわ!
めがねです。

暫くお休みをいただいていた私も先週から事務局戻り。その間に少し溜まっていた仕事など、皆さんに尻を叩かれながら?こなしているここ数日です。お休みは大好きな私ですが、やはりこういう仕事に携わらせていただいていることは幸せであるなと思ったりします。

さてさて今週1週間はゆざわジオパークでも様々なことがありました。他のメンバーが報告していることも多いし、残りは後のお楽しみとして、少し前の話題を。

お休みの間に東北ジオパークフォーラムでお会いした月山ジオパーク構想の地域おこし協力隊の方がふるさと学習的なイベントを行うと聞き、ふらっと参加してきました。

場所は月山山麓の庄内町。こちらには、ゆざわジオパークの「ジオスタ☆ゆざわ」と同様、廃校を利用した郷土の博物館「大中島自然ふれあい館」があります。

IMG_20170226_095618.jpg

この日行われた室内イベントは、その名も「君に謎が解けるか、暴れ川からの脱出」というプログラム。

この地域に伝わる龍神伝説をモチーフに、その龍の鎮め方をクイズを解きながら探っていけというもの。一般に脱出ゲームと言われるらしいですね。

IMG_20170226_101725 (1)


クイズは建物内に掲示されている資料を見れば解けるようになっていて、最後まで解くと暗号が現れます。

IMG_20170226_102545.jpg

その暗号を元に、粘土で鍵を作ったり、折り紙の切り目を入れたりなどのアクションを起こすと、更なる郷土クイズを解くことになって、という構内ウォークラリーのようでした。最後のアクションもまた子どもが喜ぶようなものになっていて、よかったです。色で川石の名前を答えさせるなど、ジオパーク的要素を含んだ問題も複数ありました。

参加者は親子連れが多く、とある方からは地域の災害史や防災向けプログラムにも使えるのでは、との意見も出て、こちらとしても参考になりました。
 
郷土の自然や歴史を地元の若い人に楽しんで貰おうという取り組みは近年、いたるところで行われています。ジオパークはもちろんのこと、様々な地域の方々とお互い情報交換していければいいな、と思った1日でございました。



 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング