湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地球惑星科学連合大会ジオパークセッション報告2

2017-06-02

こんばんは。ゆっこです。
さてさて6月ですね!
九州にいたころは、6月に入るとああもう梅雨だなーと思っていたのですが、湯沢の梅雨入りはもう少し先ですね。
でも、最近雨よく降りますね。
暑い日と寒い日が極端なので、風邪をひかないようにご注意ください。

さて今日も先月の出張のご報告を。
今日は前回同様地球惑星連合大会のジオパークセッション報告。
今日はポスター発表についてご報告。

前回はたくさんの人の前で1人がスライドを使いながら発表をする形式をご報告しました。
学会ではもう一つポスター発表という形式がよくつかわれます。

ポスター発表とは、その名の通り発表する内容をポスターにして掲示して、ポスターの前に来てくれた人へ説明をしたり議論をしたりする発表のことです。

今回ゆざわからは2つポスターを持っていきました。
一つがこちら
P5201088.jpg
このポスターでは、ジオサイトについて書いています。
ゆざわジオパークには、一つのジオストーリーでくくることのできる範囲をジオサイトといい、そのジオサイトの中にそれぞれの見どころとしてジオサイトを設定しています。
そして、神社や樹木などもジオポイントと呼んでいます。

この定義はゆざわジオパークが色々なところを参考にして定義しており、日本ジオパークネットワークやユネスコ世界ジオパークで定められている定義というわけではないんです。
ジオサイトは領域ではなく、露頭や地層などの特定の場所をするべきではないかと言う意見や、そもそも歴史や文化に関わる場所に『ジオ』というものを付けることは誤解を与えるのではないか、という意見があるのです。
というわけで、これらを見直そうという動きがあります。
そこで見直す前にゆざわジオパークの定義やその定義にした経緯などをもう一度まとめ直そう!ということで、そのことについて発表しています。

もう一つの発表はこちら
P5201089.jpg
昨年度2回目を開催した雪国ジオパークフォーラムのご報告。
色々な事業を行うことも大切ですが、その報告をまとめてみんなで共有することも大事です。
今回こちらのポスターはめがねさんが作成しました。

この2枚のポスターを前に、色々と話をしてきました。
たくさんの人に向けて話すことが出来る形態もとても有効な発表方法ですが、じっくりと相互に話ができるポスター形式も私は好きです。
やっぱり、自分たちだけで色々考えることも大事ですが、色々な地域の方々の話を聞くのはとても有意義でした。
こういう仕組みがジオパークネットワークとしてあるのはいいなあと思います。

さてさて今日はこの辺で。
ゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング