湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 明治以降の院内銀山(古河時代)

2017-06-07

今回は、先回の続きで大切坑の現在の様子をご案内いたします。
先回は、国道108号線から大切坑の様子を写したものを紹介しましたが、
今回は大切坑の最後として、昨年の10月に秋田大学の今井教授達と実際に川を渡って大切坑口まで行った時の話をいたします。

その時は4人で院内銀山の調査をしましたが、最後に大切坑口の今の様子を見たいということで、川を渡って大切坑口まで行きました。その様子を写真にてご案内いたします。
大切1
国道108号線の院内銀山入口手前で大きく右にカーブする所の空きスペースに車を停車させる。
大切2
この当たれから川岸に降りていく。
大切3
ここから川を渡って対岸に取りつきます。橋げた跡の少し下級です。
大切1jpg
このような景色になります。これは先回の対岸からの写真とあまり変わりません。
この辺の土地はまだ普通でぬかるんではいません。
大切2
ここまで来ると足元はぬかるんでいて、足を取られないように慎重に歩きました。
大切3
なんとかやっとのことで、大切坑口のそばまでやってきました。
大切4
大切坑口の土砂の上に立っています。
大切5
穴の中の様子。土砂がかなり埋まっていて様子がよくわかりません。
しょうわのトロッコ道
こんな大きな穴が開いていました。

追加情報
大切1jpg
大切坑口手前の標柱ですが、二本のうち奥にあるもの。
右に 明治天皇   左に 臨幸遺跡
 二つの文字の下に 大切口御野立之處  と書かれています。
大切2
これは二本の標柱で手前の大きなもの
右に 史蹟名勝天然記念物保存法ニ依り  
左に 史蹟トシテ 文部大臣指定 昭和8年11月
  と書かれています。

今すぐにでも、ここを整備しないとあと何年かごには口が塞がってしまうと思います。

***危険ですので、ここには行かないでください。道路から望遠を使って眺めてください。  

ごきげんよう、さようなら。 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング