湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 明治以降の院内銀山(古河時代)

2017-06-19

先回は、大切坑口からトロッコが鉱石を運んで行く様子の前段階についてご案内いたしましたが、
今回は、そのトロッコ道が現在どのようになっているのかをご案内いたします。
このトロッコ道については、今年の4月に偶然見つけたものでした。
実は、4年前くらいから水路橋という写真を見ていて、どこにあるのか探していました。
何度も探していましたが(知っている人に聞けばすぐに分かるのであるが、自分で探したかった)見当違いの所を探していた。
偶然、4月の雪解けの時、選鉱場跡を眺めていたら、何か水路見たいな小川を見つけ、そこをたどって山に入っていったら、
信じられないものを見てしまいました。まさに水路橋がそこにあったのです。
興奮してあたり一体を探していたら、何とトロッコ道も見つけたというわけでです。(水路橋については、後日ご案内いたします)

トロッコ道について、
IMG_3037.jpg
ここに描かれている茶色の線で、左側の濃い茶色(銀山川にかかる2本の橋)が橋で、そこから上に伸びている線と、下に伸びる線があります。上の線がトロッコ道で、下は普通の道路と点線が工場の塀を表しています。
番号の書かれている黒い線は電線をあらわしています。黄色の大きなスペースが選鉱場の一部です。
大切疎水道と金廣石運搬道
この写真のように鉱石を運んだトロッコが橋を渡っているところです。
十分一下流
現在の橋の様子。今は橋げたしか残っていません。奥に見える煉瓦造りの橋げたは人が歩く道で、手前の部分にトロッコが通った橋が在りましたが、現在はその痕跡は分かりません。
IMG_3038.jpg
これは道路を渡って山側に取りつく場所です。ブルーの円の中にトロッコ道があります。
トロッコ道1
雪の部分がトロッコ道として使われた痕跡の道です。
トロッコ道2
左側が山になり、右側の木の下が選鉱場があった広場があります。
トロッコ道3
道は更に続いています。
IMG_3040.jpg
ここがトロッコ道の終点です。また、赤丸の中にある道がここから始まって製錬所まで続いていたと思われる。(これから先の道については、後日ご案内いたします)
トロッコ道の石垣
トロッコ道の一部に煉瓦造りのものがありました。
今回は、ここで終了いたします。

ごきげんよう、さようなら



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング