湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

東北ジオパークフォーラム2017ガイド分科会

2017-08-08

8月4日~5日、栗駒山麓ジオパークで開催された東北ジオパークフォーラムにいってきました。
ひよこ豆はガイド2分科会 「テーマを伝えるジオガイド鉱山の鉄道の繁栄をたどる」に参加させていただきました。
4日は丁野氏と岸本氏の基調講演に引き続き各分科会に分かれさっそくツアーが行われました。
今日はツアーの様子を紹介。
ここはくりでんミュージアム。この春にリニューアルされたそうです。
ぶろぐ1(170808)
くりはら田園鉄道は石越駅から細倉鉱山の16の駅を結ぶ民間鉄道。
さっそく栗原のガイドさんがホームにてお手製の資料をもとに歴史や背景を紹介。
ガイドさんは実際にこのくりでんでお勤めされていたということもあり、当時の様子をとても丁寧に伝えてくださいました。
ぶろぐ2(170808)
工作機械をつくる場所。
ぶろぐ3(170808)
ここでは修理する道具もこの場所でつくられていたとか。
ぶろぐ4(170808)
ここはくりでんの歴史コーナーが紹介されています。ジオラマもあり。
ぶろぐ5(170808)
バスの乗って細倉マインマークへ。途中、鉄道脇を走りました。
この線路から通勤、通学、多くの人が利用されていた当時の様子がうかがえました。
ぶろぐ6(170808)
細倉マインパーク到着。坑道に入る前にビデオにて基礎知識を吸収。イメージしやすいなかなかの配慮です。
坑道はこんな感じ。気温は12~13度。上着をきていても寒いくらい。外気とのギャップに驚き。
ぶろぐ7(170808)
採掘された跡。かなりの斜度。鉱夫の方々の苦労が伝わってきました。
ぶろぐ8(170808)
90年続いたというくりでんの歴史には細倉鉱山の繁栄あり。みて、ふれて、タイムスリップできるこの旅ストーリー。
鉄道フアン以外にも絶対楽しめるツアーだわ。





プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング