湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 明治以降の院内銀山(古河時代)

2017-09-28

 明治期の古河鉱業時代の鉱山の施設について、
継続してご案内してきましたが、
今回は、精錬所についてご案内いたします。
精練所を案内する前に、いつものように予備知識としてウィキペディアに書かれている製錬と精錬の違いを案内します。


まず、精錬とは・・・  ウィキペディアより
製錬(せいれん)この字を書く場合は、
製錬(せいれん、smelting)とは鉱石を還元することによって金属を取り出す過程のことである。
製錬によって取り出された金属は純度が低い場合が多く、
純度を高めるために精錬が必要な場合がある。ここまでのプロセスを冶金ということがある。


なお、硫黄、黒鉛、滑石、ケイ素(金属ケイ素)など、非金属の精製も製錬と呼ぶ場合がある(とくに硫黄は溶融による不純物の除去が必要なため、硫黄鉱山には製錬所が併設されている事が多かった)。また、三酸化ヒ素(いわゆる亜ヒ酸)や三酸化アンチモンなど、金属化合物の精製工程も(原料・工程が狭義の製錬と密接しているため)製錬の範疇に入れる場合もある。
現在、アンチモンやアルミニウム、ケイ素のように経済的理由から日本での製錬が行われなくなった金属も存在する。逆に、水銀や貴金属(金、銀、パラジウムなど)は、環境保護や資源保護の観点からリサイクルの一環として、鉱石から廃棄物に原料を変更して日本国内での製錬が続いている。

乾式製錬
炉を用いて鉱石を融解し、目的の金属を得る方法。
鉱石を熱して、鉱石から金属を液状にして取り出す溶融製錬、ガス状になった金属を冷却して液化・昇華させる蒸留製錬などがある。
 銅・鉛・亜鉛・水銀など


湿式製錬
アルカリや酸を用いて、鉱石に含まれる目的の金属を溶解し、その溶液から金属を取り出す方法。
 金・銀・白金など
この他、還元製錬、溶融塩電解などの方法がある。



現在、日本のある場所での精錬所の写真をご案内いたします。
精錬所1

精錬所2

今回はこれで終了いたします。
次回から、古河時代の精錬所について、ご案内していきます。
ごきげんよう、さようなら。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング