湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

温泉が教えてくれること

2018-03-21

こんにちは。
メガネです。
明後日から東京出張です。
初めての学会だーうわぁー!

ところで、だいぶ前の話となりますが、2月の終わりに熱海の温泉学講座に行かせていただきましたので、少しだけ報告。
日本温泉地域学会が主催する民間大学のようなもので、温泉地学から温泉観光学・温泉生物学・温泉文化学・温泉医学・温泉化学など、温泉学のそれぞれの分野の専門家が、3日間で要点を講義してくださるという講座です。

IMG_20180216_100250.jpg

IMG_20180216_131929.jpg

IMG_20180217_131832.jpg

この講座の中では、八幡平の後生掛温泉や栗駒山の須川高原温泉をはじめとして、東北の温泉も多く紹介されました。その中には、ゆざわの温泉の名前もちらほら見受けられました。

IMG_20180216_133904 - コピー

話を聞きながらゆざわの温泉に当てはめていろいろ考えてみると面白いですねー。

「温泉地はもともと神聖な場で、その温泉地を見下ろす高台の上に温泉神社が安置されることが多い」
⇒おお確かに!
「温泉地は火山の分布に伴い、太平洋側に少なく日本海側に多い」
⇒言われてみれば当たり前かもしれないが、たしかに。
「一時期多くの温泉でボーリングを行い、源泉が枯渇しそうになった。今現在は集中管理の手法で保全して分け合い保全しているところが多い」
⇒あ~うん。

私は温泉の専門家ではないので、基礎的なところはおさえておかないと、と思うのですが・・・なかなか・・・
そんな中、専門家の皆さんから様々なアドバイスをいただけたので、それらを活かしつつ来年度、既存の資料があるのかだけでも調べていけたらと思います。

因みに熱海は伊豆半島ジオパークの一部でもあり、3日の野外実習で案内していただきました。

IMG_20180218_090430.jpg

因みに講座には自分より若い方が多く、熱海の町自体が若者であふれていました。若者の温泉ブームがきているのでしょうか。
「山の温泉サイコー!」とか言う若い仲間がもっともっと増えたら良いのになぁなどと、帰路にいろいろと考えました。
余談が過ぎました。失礼致しまする。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング