湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地球惑星科学連合大会-ジオパークパブリックセッション-

2018-05-27

こんばんは。ゆっこです。

先日行われた、地球惑星科学連合大会のジオパークパブリックセッションについて、ご報告です。
何度かブログでもご紹介されている地球惑星科学連合大会ですが、地球惑星科学に関連する学会の合同学会の様なものです。
地学や宇宙科学、海洋科学、大気循環科学、生物学などなど、様々なものを対象としており、その手法も現地を調査するものや、コンピューターでシミュレーションするものなど、様々です。
参加する人も多く、その人たちが自分の聞きたい研究を効率よく聞けるよう、それぞれの分野の研究が、いつ発表するのか時間が決まっています。
その分類をセッションと呼んでいるのですが、ジオパークに関係するセッションは20日に開催されました。

今回ご報告するジオパークのセッションは、パブリックセッションと言って、研究者以外の方にもその成果や報告を広く周知することを目的とした特別セッションの一つです。
他のセッションを聞く場合は、参加料を払う必要があるのですが、パブリックセッションは登録さえすれば無料で聞くことができます。
P5201090_20180528111116bf9.jpg
写真は始まる前なので人がまばらですが、発表中はほとんど満席になっていました。
ジオパークに関心を持っている人は、かなり増えているようです。

2018年大会でのジオパークパブリックセッションのテーマは『ジオパークがつなぐ地球科学と社会 ー10年の成果と課題ー』で、『日本にジオパークが誕生してから10年となり、地球科学と社会とを結ぶ一つのチャネルとして成長してきている。これまでの活動や議論の蓄積を振り返り、日本のジオパークは、今後、何を目指していくのか様々な視点から議論する。』ということを目的に開催されました。

口頭発表者と演題は以下の通りです。

渡辺 真人さん 「ジオパークの10年を振り返る」
柴田 伊廣さん 「自然公園法と文化財保護法によるジオサイトの保全」
目代 邦康さん 「日本のジオパークでは何を評価してきたのか,今後何を評価していくのか」
今井 ひろこさん 「民間事業者からみた日本のジオパークの10年−山陰海岸ジオパーク内の事業者を例に−」
竹之内 耕さん 「地域博物館の機能が後押しした糸魚川ジオパークの10年」
朝日 克彦さん 「日本ジオパークにおける「ジオパーク」概念の再構築の必要性 :レスボス集中研修での文脈から」

発表者の方々は、ジオパークに長く関ってきた方ばかりですので、その思いや考え方は参考になります。
ジオパークパブリックセッションは、毎年動画撮影され、日本ジオパークネットワークのHPに挙げられています。
2018年度分はまだですが、そのうちHPに掲載されると思います。
ご興味のある方は、日本ジオパークネットワークHPをチェックしてみてください。
情報・資料の下の方、イベント関連サイトにリンクがあります。
2011年から2017年のものは、こちらから動画閲覧サイトのYoutubeに行って、見ることができます。

同じような御案内を新規認定プレゼンテーションのご報告でもしました。
こちらもまだ、今年度分は掲載されていないようです。
掲載に気付きましたら、またご連絡します。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング