湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

リーダーシップ類型

2019-04-23

なぎはるです。

ちと難しい話になるのですが、私は生物生態学の知識を活かし、
同じ生物である人間の社会構造がどのように決まっていくかを考えていくのがとても好きです。

これまでに得た生態学の知識を踏まえ、人間の社会構造を形作る重要な要因を挙げるとすれば、

「性別」 

「リーダー(トップダウン)」。

これら2つが挙がるのではないかと考えています。
今回はこの中の「リーダー」についてを社会学(仕事学?)的な観点でお話したいと思います。

アメリカの心理学者レヴィンはリーダーシップのとり方を、「民主型・放任型・専制型」という3つのカテゴリに分け、
それぞれの長所・短所を示すとともに、どの類型が作業面において最も汎用性が高いかを研究しました。

結論から言うと、「民主型」が最も汎用性が高いと証明されました。
民主型というのは、いろいろな人が意見を出し合い、最終的な結論をリーダーがまとめるというものです。
近年のゆざわGP事務局を含め、日本の多くの組織で実施されているものと思います。

一方で、「民主型」をとることで逆に作業の質が極端に下る集団があるということも発見されました。
それは、集団内が「優秀な人ばかり」で構成された場合です。
意見のぶつかり合いが絶えず、お互いに消耗し合い、分裂するので、この場合ですと「放任型」が最もうまく回るようです。

最後、「専制型」は、リーダーが組織を牽引するというもので、多くの場合で作業性が最も悪いものの、
集団内の個々の能力が低い場合には、最も効率的のようです。
日本社会に蔓延る優秀な人材に仕事を押し付けるリーダーもこの型に含まれるようです。
優秀な人材は精密機械みたいなもんだから、矢面に立たされたらすぐに壊れる。最大の悪手なんですけどね。

集団のレベルを見て立ち振る舞いを決めるというのは、
リーダーには相当な洞察力が必要なんだなと感じました。自分にはできない笑(;´∀`)


追記
地域おこしのために、強い風の中一人でのぼり棒立ててきた笑
不慣れな作業だったけど、今週末家族が小安に遊びに来るので、是非見てもらいたいな(´∀`)
しかし、雪の力はすごい!支柱が多くの場所で壊れてた笑
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング