湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地味な活動をコツコツと

2019-09-20


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

さて、今回は最近の活動紹介をしたいと思います。

ジオパークでは地域住民が主体となった活動、いわゆるボトムアップ型の活動を重視していますが、
その活動をするためには、そもそも地域の皆さんの「理解」を得ることがとても重要です。

ジオパークとはそもそも何なのか、その活動をすることでどんな良いことがあるのか、
反対に悪いこと・不都合なことはないのか、などを地域の皆さんに説明しながら、徐々に理解をしてもらう。

現実にはなかなか上手に物事が動くわけではないのですが、多くの諸先輩方の尽力のおかげで、
ゆざわでも少しずつジオパークの活動が広まりつつあるのかなと感じています。

とは言っても、まだまだ普及が十分なわけではありません。
そのため、普及啓発のために様々な年齢層向けに出前講座やイベントを実施しています。
その一部を今日はご紹介しますね。

●未就学児向けの活動
9月18日(水)から湯沢市役所1階の市民ロビーで「ゆざわジオパーク~ジオベンチャー塗り絵展」を開催しています。

市内の保育園、幼稚園の年長児が作成した「ゆざわジオパーク塗り絵」を一堂に展示しています。

photo190920_01.jpg
写真1:塗り絵展の様子

未就学児が楽しく学びながらジオパークに興味を持ってもらうことを目的に、今年から初めて作成した塗り絵。
その取り組みの効果を発表する機会として、この塗り絵展が実施されています。

年長児たちの自由な発想でジオモンたちが塗られています。

photo190920_02
写真2:塗り絵の様子。きれいに塗られていますね!

ほかにも会場には、ジオモンと一緒に写真撮影ができるスペースも用意しました。

photo190920_03.jpg
photo190920_04.jpg
写真3:小安峡大噴湯や川原毛地獄に「行ったつもり」で!

会場のあちこちにジオモンたちがいるので、ぜひ一緒に写真をとってみてください!
もちろん撮影したあとは、元の場所にジオモンを戻してくださいねー。

ちなみに個人的には「ダイフントウ」と「おけのゆまる」がお気に入りです。

photo190920_05.jpg
写真4:真冬に家の中にいてくれたら、暖かくなるのかな??

「おけのゆまる」も会場内にいるので、探して見てください。
10月3日(木)まで開催しています!

●出前講座×2回(皆瀬小学校、湯沢高校)
今月の頭に出前講座を2回行いました。

ひとつは皆瀬小学校の3年生。

ジオパークを学習する上での導入ということで、ゆざわの石を使いながら講座をしました。

photo190920_06.jpg
写真5:講座の様子

今回の講座では、ゆざわの大地をつくっている6種類の石を持参し、児童一人一人に配布。
その後、自分の好きなように6つの石を、2つのチームに分けてもらいました。

石自体は誰もが触ったことがあると思いますが、石を「分類する」というのはあまり経験がないと思います。
ここでは石を分ける・分類することを通じて、石に種類があること、その石が自分たちの住んでいる大地を
つくっていることを知ることを目指しました。

また、チーム分けする際には「チーム名」を記入するように指示をだし、
自分なりのルールを「言語化」させるように促しました。

結果は上々。

みんな上手にチーム分けをしていました!

photo190920_07.jpg
写真6:「でこぼこチーム」と「とんがりチーム」。たしかに!

また、チーム分けが終わった後に、ほかの友達に自分のチームを紹介してみて、と伝えると
あちこちから「あ、ぼくといっしょ!」、「えー、これ、ちがうよー」などお互いのチームへの感想や
チームを分けた理由などを説明していました。

photo190920_08.jpg
写真7:自分の石の説明をしている様子(画像の一部を修正しています)。

その後、あくまで一例として「石のでき方(火成岩、堆積岩)」で分ける方法を紹介し、
6種類の石を実際に分類して再度紹介をしました。

こちらの予想以上に本物の石を使った講座は効果があったようです。
また他の場所でも実施しながら、より良い講座を目指していこうと思ってます。

ほかにも湯沢高校で出前講座を実施しました。

photo190920_10.jpg
写真8:湯沢高校での講座の様子

こちらは生徒の興味に合わせてグループ分けされ、グループごとに外部講師を呼んでいたようです。
実はこの時点では皆瀬小学校で実施した石を使った講座を思いついておらず、
普通に話をするだけで終わっちゃいました・・・。

いま思えば、高校生にも石を使って講座をやれば良かったかな・・・。
うーーん、申し訳ない。

photo190920_11.jpg
写真9:PCの準備などに時間がかかってしまい、ただ単に話すだけになりました・・・。反省・・・。

こうした活動はあまり表からは見えないので、かなり地味な活動だと思います。
成果として具体的な数字になりにくい部分がありますし、1年~2年といった短期で見れば、ほぼ効果はないでしょう。

しかし、より長い視点でみれば、こうした活動をすることによって地域の皆さんの理解を得ることは、
ジオパークの活動をする上で将来大きな財産になると私は考えています。

いまの世の中はすぐに成果を求められます。
それ自体は時代の流れなので仕方がないとは思いますが、ジオパークの活動、
特に地域の皆さんと関わる部分に関しては「近道なし」と肝に銘じて、日々の活動を行っていきたいと思います。

・・・ずいぶん長くなっちゃった(汗)。

ここ最近、ブログ更新ができなかったので、これで数本分になったかな??

ではでは。

イトケン


プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング