湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

リンゴの収穫とビックリマーク

2019-11-19


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

先日、移動中に何気なく三関のフルーツラインを通ったときのこと。

いまはリンゴの収穫が最盛期を迎えており、どこの農家さんも作業していらっしゃいましたね。
明日は雪が降る予想でしたし、降雪前に収穫をしたいという気持ちもあるのだと思います。

さて、そのフルーツラインで、こんな標識を見つけました。

photo01_191119.jpg
写真1:道路にあるビックリマーク。これはいったい?

ビックリマークの下にある補助標識には「農耕車多し」の文字が。
つまり、「農耕車が多いので、通行する際には注意しなさい」という意味になるでしょう。

意味としては、何となく分かると思いますが、この標識、実は意外とレア物なのです。

正式には、このビックリマークの標識は27種類ある「警戒標識」のひとつで、
「その他の危険」を表しています。

警戒標識には「踏切あり」や「落石のおそれあり」などがあり、皆さんも一度は見たことがあると思います。
ですが、「その他の危険」となると、どんな場所に設置されるのでしょうか。

例えば、石川県金沢市の場合は、「この先行き止まり」。
自分が大学時代に下宿していていた近所に、この標識がありました。

城下町時代の名残で、市内の一部の道路はかなり狭く、また複雑です。
その結果、一部の場所では道路が繋がっておらず、寸断されてしまう場所があります。
観光に来た他県ナンバーの車が、ときどきこのトラップに捕まっていました・・・。

また、能登方面へ行くと、「波しぶき注意」があります。
海沿いの道路では天候が悪いと波が道路まで来ることもあるので、その注意のためですね。

このように、「その他の危険」の標識は、ほかの警戒標識では表せない
いろいろな危険に対する注意を運転者に知らせるためのものなのです。

フルーツラインの場合も、ほかの標識では表せないので「その他の危険」になったのだと思います。

ちなみに「レア物」と最初に書きましたが、全国での正確な設置数はわかりません。

しかし、むかし某民放の番組で東京と石川県の2カ所で、このビックリマークの標識を
1日でいくつ探せるかという企画をやっていたのですが、結果は東京で2つ、石川県で5つでした。

各都県ともに、まだまだ設置されているとは思いますが、
それでも他の警戒標識に比べれば、やはり「レア物」ということができると思います。

今回のビックリマークの警戒標識は、自分が探した限り、あともう一つフルーツラインにありました。

もし機会があれば、最盛期を迎えたリンゴの収穫風景をご覧になりつつ、
警戒標識も探してもらえたらと思います。

イトケン
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング