湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

美じん歴訪③ いとせめて 恋しき時は……

2014-02-21

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。


 美じん歴訪も三度目です。
 中国を駆け抜け、エジプトを飛び越え、神代のギリシャを巡って、日本に帰ってまいりました。
 ついに、我らが小野小町の番です。


 小野小町のお相手とは、はたして……


 と、その前に、小野小町が「美人」として後世に伝わるようになった、決定的な理由を見てみましょう。
 それが、「紀貫之」が小野小町を「六歌仙」の一人として紹介した際の文章です。


小野小町は、古の衣通姫の流なり。哀れなるようにて、強からず。
言わば、良き女の悩める所あるに似たり。強からぬは、女の歌なればなるべし。


 ん? 衣通姫? 誰?


 この文章をよく見てみると、「小野小町は美人だった」だなんて一言も書いていません。その代わりに、「古の衣通姫のようだ」と書いています。そしてここで小野小町が比せられた「衣通姫」こそ、「小野小町美人伝説」の元ネタになった女性です。
 とはいうものの、衣通姫のようだと評されたのが「美貌」のことなのか、「和歌」のことなのか、はっきりしません。しかし、さらに後の時代の人々は、紀貫之によるこの記述を読んで、「小野小町はきっとすンごい美人だったに違いない!」と確信したようです。

 ……ということは、「小野小町は彼女自身の美貌に対する同時代の評価によって美人とされた」のではなく、「後の時代の紀貫之により、小野小町より前の時代の衣通姫に比せられることによって、さらに後の時代になって美人としてのイメージが固まった」という、なんとも複雑な経路が存在するということになります。


 それでは、「小野小町美人説」の原型ともなった、「衣通姫」とは何者なのでしょうか。
 前々回の記事にならって見てみましょう。


衣通姫(そとおりひめ)
地域:日本(古墳時代)
生没:???(19代允恭天皇の子とされているので、400年代前半?)

どんな人?
本名(?)は軽大娘皇女(かるのおおいらつめ)といいます。
あまりにも美人なので、「美しさが着ている衣服を通り抜けて輝くようだ」ということで、「衣通姫」と呼ばれました。一体どれだけの美人だったのでしょう。
和歌にも優れていたようで、「和歌三神」の一柱ともされています。ん?
ちょっとここに書くのが憚られるようなエピソードの持ち主なのですが、とりあえずキーワードは「悲恋」です。ん?


 「美人」、「和歌の名手」、そして「悲恋」……
 ん? まるで小野小町みたいですね。


 衣通姫の事績が書かれているのは古事記と日本書紀であり、彼女はまだ日本が神話に片足を突っ込んでいたような時代の人物です。そして、衣通姫の悲恋の物語は伝説と化しています。「美しさが衣服を通してあらわれる」というある意味大げさな表現も考えると、少々強引ですが、例えば「ヘレネ」のような「神的美貌」の持ち主だったと言えるでしょう。
 ある女性の美を評する時、それこそよほどのことがなければ、「神話に登場する伝説的な美人のようだ」なんて言葉は使わないでしょう。火のない所に煙は立たず。「衣通姫」という呼び名がその美しさを表す以上、「衣通姫のようだ」という評価は、和歌だけでなく美貌も含意するはずだというのがミレーの意見です。

 輝くような美しさだけではなく、後代の傑出した歌人である紀貫之から見てもなお絶賛に値する和歌の腕前、さらに歌に詠まれた悲恋の気配……

 
  いとせめて 恋しき時は むばたまの 夜の衣を かへしてぞきる 


 紀貫之は、小野小町を「古の衣通姫のようだ」と言っていますが、それは単に「似ている」というレベルではなく、小野小町という現実の女性に、「古――すなわち神話伝説の住人でしかなかった衣通姫」を見たのではないでしょうか。
 そしてその評価は、紀貫之ひとりに留まらず、さらに数多くの伝説や物語を生み出しながら、千年以上の時を越えて存続している……


 このように考えると、楊貴妃やクレオパトラやヘレネほど派手なエピソードはないものの、純粋な「美」という点、また「後世への甚大な影響」や「付随する数えきれない量の伝承」という点で、小野小町が彼女たちに劣っているようには思いません。神話的要素が絡んでくるという点では、三人の中で小野小町とよく似ているのはヘレネでしょうか。
 そして、地元びいきも込めつつ、「小野小町は世界三大(四大)美人にふさわしい!」と思うのです。



 結局小野小町のお相手まで話がいきませんでしたが、今回はここまで。


 本日のブログはミレーがお送りしました。




「美じん歴訪」 バックナンバー

① 世界三大……もしくは四大美人
② 男たちの物語
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング