湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く  金山神社編 お宝について

2015-10-01

先回は、金山神社の御宝について、『院内銀山研究史』に書かれている
内容をご案内しましたが、
今回は、実際の御宝の写真と簡単な説明をしていきます。


銀刺繍水引き幕
写真が横になってしまい、みにくいですが相すみません。
先回から横になる現象が続いています。

この写真は、銀刺繍水引幕
天保5年(1834)10代義厚(よしひろ)、御紋付水引幕、扇畳赤銅地紙銀
日之丸金にて奉納(「工藤家文書」「諸事御用書留」。現存)


金灯篭
この写真は金灯籠
天保6年(1835)10代義厚(よしひろ)、金灯籠一対奉納
(『養安日記』は、天保6年6月9日この灯籠の奉納記事から始まる。
灯籠台座銘文に、「天保三歳診壬辰冬十二月
於出羽秋田八橋村作江戸郷鋳物師土橋兵部藤清定」とあり、
江戸の鋳物師が三年がかりで作った事がわかる。現存)


神祭銘旗
この写真は祭紙銘旗
「生財育民」額は10代義厚(よしひろ)筆の掛け軸模写、
旗は願主村田善左衛門。
「山神様御位、今日奉納に相成り候。
願主村田善左衛門、御位正一位金山彦大神・
姫大神、山中参詣これ有り」(明治1年12.11~12)


I藩主奉納掛軸
この写真は、藩主奉納掛軸
神社には、藩主直筆の掛軸・額が数点ある。
右端と中央は12代義尭(よしたか)、
左端は11代義睦(よしちか)
掛軸はそのほかに
8代義敦・10代義厚と合わせて6本が現存する。


以上が奉納された中でも有名なものです。
これらのものは普段は見る事は出来ません。

それでは、今回はこの辺で終了いたします。
ごきげんよう、さようなら。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング