湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

構想策定?

2015-12-12

こんにちは、ゴゴティーです。

いや~、 12月も10日を過ぎたというのに、なんでしょう?この暖かさは。
昨日は雨で、(といっても雪に変わるような雨ではなく)気温も10℃近かったし、今日は今日で見事な快晴で、日中はポカポカと暖かくなりました。
なんでも11月中旬の陽気だそうで、本当に雪国なのだろうかと勘違いをしてしまいそうな陽気でした。

1年前を思い起こすと、12月になった途端、毎日雪降りで、積雪がどんどん増えていったことが思い出されます。
なにせ、12月10日ころには1回目の屋根の雪下ろしをしていたのですから、笑ってしまいますよね。

今年は、それからすると本当に助かっています。
でも、来週後半には再び寒波が来そうな予報となっていますので、まあ、この残り少ないよう気を楽しみたいと思っています。

さて、そんな気候の様子なのですが、今日は先日のエマさんのブログで紹介していただいた、今後のゆざわジオパークの進むべき道を決めようとして力を入れて協議をしている「ジオパーク構想策定委員会」について、重ねて書いてみたいと思います。

4年ちょっと前に策定した構想が、これまでの活動で相当目標の域に達してきていまして、今後さらに高みを目指すために全面的に見直そうということで始められたこの取り組みですが、これが結構難しいものがあります。

先日の会議でも話題になりましたが、どこまで進むのか?
というゴールをどう設定していくのかが非常に難しいからです。
協議会で一緒に頑張っているいろいろな立場の方々の様々な思いがあり、それぞれのゴールイメージも違うからです。
もちろん、JGNのなかでも「ジオパークはどうなっていくべきか?」の答えが出ていませんので、難航することは目に見えていたわけですが・・・

でも、みんなでこのようにひとつのゴールを探して悩むということが、もしかすると一番必要な取り組みなのかなと改めて感じました。
そして、もがき苦しみながらみんなで出した答えというものは、きっと大きな力を発揮できるものになるのではないかと思うのです。
前回の会議の場でも、出席いただいた皆さんは真剣に「湯沢ジオパークの行く末」について頭を悩ませ、それぞれの立場や考えからの意見を出し合っていただきました。
結果として、まとめることが難しく、今後もみんなで知恵を出し合っていかなければならないということがハッキリしてきました。

世界ジオパークを目指すのか?
目指すとすれば何をどうしていくのか?
活動を進めていくには、このままの体制で良いのか?
今何が足りなくて、足りないものをどうしていけばいいのか?
課題はたくさん見えてきました。

これから、来年3月までかけてじっくりとそこいらへんを相談しながら詰めていきたいと考えています。
推進協議会の構想策定委員会の皆様にはこれからも頭を悩ませる協議が続くと思いますが、よろしくお願いします。

まず、とりあえずは「足元をもう一回固めなければ!」という声が大きかったと思いますので、事務局を含めみんなで初心にかえって、もっともっとジオパーク内の方々にジオパークのすばらしさを伝え、もっと多くの人々で活動をしていくことから始まると思います。
このブログをご愛読していただいている皆様初め、より多くの方々にジオの魅力を伝えていきたいと思います。

日々の活動に忙殺されがちな事務局ですが、定期的に活動の根本を見直すため、本音で語り合うこのような取り組みはとても大切なことだと、会議から何日かたった今、改めて思い返しながら書いているゴゴティーでした。

今日も写真なしの文章だけの長ったらしいブログとなってしまったことをお詫びしながら、この辺で終わりたいと思います。
お付き合いありがとうございました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング