湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

御幸坑 〈後〉

2011-11-24

こんにちは

今日の湯沢市は、雨が強いですね~

冬の雨は冷たくていやですねぇ

風邪をひかないようにしなくては

さて前回に引き続き、院内銀山の御幸坑についてお話しします 前回 御幸坑 〈前〉

御幸坑(五番坑)入口
明治の頃の御幸坑(五番坑)

数ある坑道の中で唯一の坑夫の出入り口であり、
明治天皇も入坑されるなど賑わっていた御幸坑ですが、
ある事故が起こってしまいます。

明治39年1月4日、坑内火災が発生し100名を超える坑夫が死亡する
銀山史上最大の災害事故が起こりました。

禁じられていたたき火で暖を取っていた坑夫が、巡視の知らせに慌てて
坑道に投げ捨てたたき火が留木や矢板に燃え移り、坑内火災が発生しました。

延焼を恐れた鉱山当局は、空気の遮断のため唯一の出入り口の鉄扉を封鎖、
逃げ遅れた坑夫100余名は坑内で死亡しました。

以下は当時の秋田魁新聞の記事です(一部抜粋)

・・坑夫等それ火事じゃとの声聞き付くるや、
何れも前後を争い坑内を出んとしたるに、鉱山の役員どもが鎮火したと呼ぶ・・・・
炎々たる紅の炎一時に噴出して坑夫達は何れも逃げ場を失うに至り・・・・
ここにおいて役員は消防上の必要よりして四つの坑道を閉塞せり。
避難し得ざる坑夫達はこの大熱地獄にありて窒息し、
ここに無残の死を遂ぐるに至りしなり・・

大正末期、採掘中止により御幸坑の坑道は閉鎖されました。

現在の御幸坑はこちらです

現在の御幸坑

今では草木に覆われた静かな場所であり、そんなに賑わっていたこと、
ましてや大惨事があったことなんて、なかなか想像できません

以上、今日のブログは湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のトビウオがお伝えしました

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング