湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

業務たくさん(なぎはる)

2019-10-01

なぎはるです。

ついに増税がはじまりましたね。
生活必需品は軽減税率の対象とのですが、なんだかよくわからないことになっていますよね。
「新聞」は生活必需品だから軽減税率、水は増税対象…お役人様の考えることは庶民の私にはまったく理解できませんね(;^ω^)

とりあえず、増税前に私はPS4と1つゲームを購入しました。
ゲームの内容は村社会の排他性や閉塞感に苛まれるモラトリアムな少年少女を
科学(錬金術?)の力で救うというもの。東北の文豪がシナリオを担当したとのことで、田舎の描写が精巧でなんとも面白そう。
最近はゲームをやる気力もでないが、これだけは全クリしたいところです。


さて、10月はジオパークイベント強化月間です。
私の携えている業務を並べて書いていくと…
うどんエキスポ秋のジオフェス、環境教育プログラム見学会の案内、ガイド認定検定およびそのリハーサル、ジオカフェがあります。

「環境教育プログラム見学会の案内」は、新しい事業で、市外の自然学校(代表の方)を対象に、ゆざわジオパークのことを知ってもらうというものです。
IMG_20191001_143621.jpg
↑チラシはこんな感じ。ゆっこさんのデザインを参考にしました笑

環境教育を通してゆざわジオパークの良さを子供に知ってもらえば、それが親御さんに伝わり、湯沢市のツーリズム促進に繋がるのではないかなと考えています。ツーリズムの促進って今の湯沢市にとって最も重要だと思うんですよね、市外や県外の人とたくさん触れることで、市民の考え方が変わるでしょうし。

良い方向に向かうといいなあ( `ー´)ノ

因みに…!ツーリズムに因んだ話をすると、地域おこし協力隊の齋藤さんはバスツアー、スタディツアーを考えたらしいので、興味がある方は事務局へご連絡を。

詳しいことはあまりよくわかりませんが、うまくいってほしいと願うばかりです(^^)



イベント業務以外にも、化石の貸出(これは無事済んで、一つの新知見が生まれるみたい)、苔沼キンギョ除去、解説版の文面の精査などなど、業務は盛りだくさん!

まあ一番、やりたいのは研究なんですけどね…!新しい専門員が来るまでは二足三足のわらじに耐えねばなりませんね(´;ω;`)

なぎはるでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング