湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

雪の結晶をスマホで撮ってみた

2020-01-24


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

今回も短めですがお付き合いください。
先日のブログでも紹介した「冬の子どもゆざわ学」では雪をテーマにお話をしましたが、
そのときに『スマホで雪の結晶を撮影できるよ』と子どもたちに伝えました。

で、正直にお話しすると、イベント実施時点で私はスマホで撮影をしたことがなく、
どんな写真になるのか見当が付いていませんでした・・・。ごめんなさい・・・。

ということで、今回は久しぶりの降雪時にチャレンジした雪の結晶写真を紹介したいと思います。

結果から言うと、ピントが合わねええぇぇ・・・
100円均一のスマホ用マクロレンズを使いましたが、ピントの合う領域が狭くて・・・(泣)。

photo01_200124_20200124092049f5a.jpg
写真1:なんとなく雪の結晶がうつってる??

photo02_200124_202001240920477c4.jpg
写真2:一部しかピントが合いません・・・。しかもブレブレ・・・。

撮影に関して参考にしたのは気象庁気象研究所の「#関東雪結晶プロジェクト」のホームページです。
首都圏の降雪現象の実態解明を目的とし、市民が撮影した雪の結晶写真をSNSを通じて募集し、
それらをデータとして研究に活用しています。

こうした手法はシチズン・サイエンス(市民参加型の研究)と呼ばれ、
市民が研究に直接に関われる面白い手法です!
詳細はぜひプロジェクトのホームページをご覧くださいね。

首都圏ではないですし、写真もピントがずれているので研究には使えないでしょうが、
結晶の形から上空の雲の様子を推定することができます。

今回のは調べてみると、複合板状(ふくごうばんじょう)結晶でしょうか。
雪の結晶は121種類もあるそうなので、正しいのか自信がありませんが・・・。

ただの雪も、より細かく見てみると色々とわかることがあるわけですね。
ジオパークの活動にもつながる大事な視点・感覚だと思います。

皆さんも改めて身の回りにある「雪」に注目してみてくださいね!
ちゃんとしたマクロレンズ買おうかな・・・。

イトケン

<参考>
・「#関東雪結晶プロジェクト」のホームページ
・「空ウォッチを活用したシチズンサイエンスによる気象研究」のページ



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング