湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

【実施報告】ゆざわジオパーク研究発表会

2020-02-18


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

今日は簡単に、先日実施した研究発表会について、当日の様子を紹介します。

午前中の児童・生徒による成果発表と、ゆざわジオパークを対象とした研究成果発表会
会場が狭く感じるほどでした!

photo01_200217.jpg
写真1:会場の様子。途中から座席を追加して対応しました。

photo02_200217.jpg
写真2:児童による発表の様子。どの学校も丁寧に調べたのだろうなぁと、オジサン感動しました。

研究成果発表会についても、秋田大学の田口先生、当ジオパークのアドバイザーである佐々木先生たちのグループともに
非常に面白い成果が出てきていると思います。
あとは自分たち協議会が、どうやってこれらの成果を地域に還元していくかですね・・・。

それは子どもたちの発表に関しても同じで、1回だけ発表して終わりというのは、あまりにも勿体ないですし、
曲がりなりにも「科学コミュニケーター」という肩書きを使っている自分としても、
成果の周知や活用方法をしっかりと検討・実施する必要があると感じています。

また、午後からはSDGs(持続可能な開発目標)を知るためのワークショップを実施しました。

photo03_200217.jpg
写真3:ワークショップの様子。

自分も参加しましたが、皆さんなかなかに苦労されていたように見えました。
「誰も取り残されない世界」を目指すには、複雑に絡み合った課題を同時並行で取り組まねばならず、
一朝一夕で解決できることではありません。

特に「自分たちの身近な世界」と「地球規模の課題」はどうしても遠いように感じてしまいますが、
ワークショップを通して、意外にそうでもないことを、参加者の皆さんには感じてもらえたように思います。

ちなみに、このSDGsについては前職の科学コミュニケーターの同僚たちがリレー形式でブログを書いているので、
お時間のある時にぜひ読んでみてください。
鉱山が多かった湯沢の場合は、現象自体は違いますが、ザンビアのケースに親近感が湧くかもしれません。

日本科学未来館 SDGsリレーブログ

自分のように途上国で生活をしたことがある人間は、日本だとどうしても少ないと思います。
先進国と途上国を「つなぐ」人間として、こうした課題に改めて向き合い、湯沢の地から少しでも貢献できるように
日々の活動をしていきたいと感じました。

科学コミュニケーターとして、そして青年海外協力隊の経験者として、
できることからコツコツと実施していきたいと思います。

・・・実施報告と言いながら、結果的に自分の感想になっちゃいましたね(汗)。
ではでは。


イトケン
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング