湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

苔沼

2011-08-03

みなさん こんにちは

今年ももう 8月に入ると各地でお祭りがありますね
今週末は湯沢でも 七夕絵どうろうまつり があります

七夕

七夕絵どうろうまつり は秋田藩佐竹南家に京都からおこし入れされた姫君が
京への郷愁を五色の短冊に託して 青竹に飾りつけたのが始まりとされた
約300年の歴史ある祭り

浮世絵や美人画が描かれた大小数百の絵どうろうが夜を艶やかに彩ります
ほかにも湯沢南家佐竹太鼓の熱気あふれる演奏など見どころがたくさんですよ

ぜひぜひお越しくださいね


さて今日は 過去のブログでも少し掲載している
「美の郷ゆざわジオパーク構想」ジオサイト候補地苔沼(こけぬま) をご紹介します

苔沼
         ≪苔沼のバック 写真の右上にそびえるのが兜山です≫

苔沼桁倉沼 のすぐ北 県道51号線のそばに沼の入口があり 案内板もあります
苔沼桁倉沼 周辺の地質は 兜山(かぶとやま)を作るデイサイト質溶結凝灰岩
(約30万年前の火砕流堆積物)と これが崩壊した岩屑の堆積物からなり
古い時代の地すべりや崩壊によってつくられた沼なんですよ

苔沼 は 標高約580mの高原に位置していて 南北約390m、東西約320m、
面積約7.8ヘクタール、水深1~5mの浅い沼ですが その水面の80%は
厚さ1~3mのミズゴケ泥炭に覆われています

全体が浮島状になっていて コケヌマイヌノヒゲやネジバナ、ヒオウギアヤメなど
30種類以上の植物を観察することができます

この高層性ミズゴケ湿原は湖沼の移り変わりを考える上で貴重で
秋田県天然記念物に指定されています

また 湿地帯に生息する多くのコケ類や日本最小といわれているハッチョウトンボ
腹部が金色に輝くキイトトンボなどのイトトンボ類も多く生息していて
学術上でもたいへん貴重な沼です


以上 本日のブログは湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のチムニー が担当しました



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング