湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

菅江真澄と歩く⑦ 「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」

2013-03-04

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。
 菅江真澄と歩くシリーズも中盤に差し掛かりまして、そろそろミレーとしましてもネタの出し惜しみをする余裕が無くなってまいりました。
 と、いうわけで今回取り上げるのは、前回の川原毛地獄と並んで、ゆざわジオパークにおける最も派手なサイトであろう「小安峡大噴湯」です。絵図集「勝地臨毫」に描かれた大噴湯は、ミレーが菅江真澄なる人物に興味を持つきっかけとなった絵でもあります。他の記事では既に何度も取り上げているくらい、とっておきのネタです。

 それでは皆様、菅江真澄と一緒に、小安峡の深き谷底へと降りていきましょう。


  川原温泉とてあやうくさかしく深き渓底に下る、
  “川原温泉”という、恐ろしく危険で深い川底に下る、

  吉野のみたけさうじの鐘掛のおこなひはものかは、
  まるで吉野山で仏道修行をするかのような過酷さというべきか、

  深き大淵の岸にくだるに二丈斗り、
  深い谷底の岸に下るまでに二丈(約6メートル)、

kudaru.jpg

  高き壁の如なる巖の頭をよこさまに蟹の這ふがごとに手をかけ身を縮め、
  高い壁のような岩に、横向きに蟹が這うように手をかけて身を縮めて、

oyasukyo2.jpg

  かくして下りはつれば割湯とて湯を吹出る事三四丈斗り、
  なんとか下り終われば、“割湯”というお湯が三、四丈(約9~12メートル)吹き出し、

  瀧川を越えてあなたの巖にあたりて霧となりて散りぬ、
  滝の落ちる川を越えて向こう側の岩壁にあたって霧となって散っていた、

wariyu.jpg

  割湯の巖穴ごとに湯気の雲を起して、雷神のひびきして大なる水はぢきのごとく湯の吹出たり。
  “割湯”の噴き出す岩からは湯気の雲が立ち上がり、雷神のとどろきと共に大量の熱水が
  すさまじい勢いで吹き出していた。


oyasukyo.jpg

  (中略)
  おなじすぢをのぼして宿に帰りて休ふほどに、飯せとて八十斗の老の來りて、
  同じところを登り、宿に帰って休んでいると、食事を持って八十あまりの老人がやってきて、

  河原のわり湯見たまひしか、我はここに生れて古老となれど恐(あやうく)いまだ見さふらはずと
  身ふるはして語りぬ。
  「河原におりて割湯を見たのですか。私はここに生まれてずいぶんと長く生きましたが、恐ろしくて
  いまだに見たことがありません」と、身を震わせて語った。


  うべなるかな、のぞみ見べき処にあらず。
  いやはやその通り、こりゃ見ようだなんて思わないほうがいい。

oyasukyo2_20130304145926.jpg

 なんといいますか、真澄さん、ロックですね。
 「雪の出羽路」が書かれたこの時(文化11年)、真澄さん既に60歳です。ロックです。
 今日のように遊歩道など整備されているはずもなく、断崖絶壁の岩肌をロッククライミングで踏破するとは。そりゃ地元のおじいさんも仰天です。
 岩肌を“割って”勢いよく噴き出す様から付けられた名前が“割湯”、小安峡大噴湯をずばり言い表す言葉です。もちろん、今日では遊歩道がありますので、菅江真澄が目撃した自然の驚異は誰でも目にすることができます。

 数多くの景勝地を巡り、相当目が肥えていたはずの菅江真澄をしてなんとしても目の当たりにしたいと思わせた天下の“割湯”、小安峡大噴湯。
 湯沢の大地の奥底で、未だ見えない火山が熱くたぎっているという事実を、ほとばしる熱い息吹とともに体感してください。

 最後に、紅葉の名所とも名高い小安峡の姿を、古今の絵でお楽しみください。

kouyou.jpg
kouyou2.jpg


 本日のブログはミレーがお送りしました。


「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①ジオサイト「院内銀山」より  「追憶の院内銀山」
②ジオサイト「山田」より     「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③ジオサイト「稲川」より     「遥かなる稲庭うどん」
④ジオサイト「三関・須川」より  「三関・須川の石と河」
⑤ジオサイト「高松」より     「高松に燃える紅葉」
⑥ジオサイト「高松」より     「白く轟く川原毛地獄」
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング