湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

菅江真澄と歩く⑧ 「今も昔も節理は摂理」

2013-03-09

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 今回はちょっと古文をおやすみして、菅江真澄の絵そのものからジオの楽しさを読み取っていきたいと思います。

 まず、こちらの2枚の絵をご覧ください。

川原毛地獄より「川原毛大湯滝」ooyutaki.jpg

小安峡より「雌滝&雄滝(不動滝)」
oyasunotaki.jpg

 いやー、どちらも勢いのある筆致で大迫力……はもちろんそうなんですが、この二つの絵を見比べると、ある違いに気が付きませんでしょうか。
 それでは、実際に絵が描かれたとおぼしき現場に行ってみましょう。

川原毛大湯滝
mokurenbuti.jpg

小安峡
oyasukyo_20130306095049.jpg

 小安峡はなんだか深すぎるうえに緑が濃くてよくわからないので、谷底に降りてみましょう。
 しかし、菅江真澄はまさにこんな場所を下っていったわけですね、たまげたなぁ……
 すると……

!?
oyasunoseturi2.jpg

!?
oyasunoseturityekku.jpg

!?
oyasunoseturi3.jpg


 もうお分かりですね。
 小安峡にあって、川原毛大湯滝にないもの……節理。
 菅江真澄は小安峡を歩いて、節理を絵にしました。明らかに他とは違う、「特異なもの」だからこそ、絵にしたのでしょう。
 
 今後みなさまが小安峡の深い谷底を歩く時、きっと傍らには菅江真澄がいるはずです。
 時を越えて、菅江真澄と対話してください。
 彼の心を動かした節理について、語りかけてください。

 このいとおもしろげなる岩々の様相は、脈々と連なる大地の摂理そのものである、と。


 本日のブログはミレーがお送りしました。

oyasunoseturi4.jpg


「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①ジオサイト「院内銀山」より  「追憶の院内銀山」
②ジオサイト「山田」より     「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③ジオサイト「稲川」より     「遥かなる稲庭うどん」
④ジオサイト「三関・須川」より  「三関・須川の石と河」
⑤ジオサイト「高松」より     「高松に燃える紅葉」
⑥ジオサイト「高松」より     「白く轟く川原毛地獄」
⑦ジオサイト「小安」より     「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング