湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地質図とは・・・?

2013-03-10

皆さま、こんにちは
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。

やっと降雪もなくなり、あとは気温の上昇とともに積もっている雪がとけるばかりと思っていましたが、
週間天気予報を見ると、まだマークがちらほら・・・今シーズンは、もういいですよね

そして・・・雪が落ち着いてきたかと思ったら、最近ちまたを騒がせている「PM2.5」(微小粒子状物質)・・・
隣の山形県でも濃度上昇が確認されているようです。
国の暫定指針で、1日平均、濃度が1立方メートル当たり70マイクログラムを越えると、外出を
控えるように都道府県が呼びかけるようです。
東北6県で1日平均70マイクログラムを越えたことはないという事ですが、速報値を公表している
ようですので、詳しくはこちらでどうぞ→秋田県内の微小粒子状物質の測定状況

さて、今日は・・・案内書などでも何度か登場している、地質図についてお伝えしたいと思います
普段、生活していく上ではあまり目にする事はないと思いますが・・・

図1
これが地質図ですね。(図1)
図3
これが普通の地図です。(図2)

一般に、地図を見ながら目的地に行けますが、地質図では行けませんよね。
しかし、普通の地図では分からないことが、地質図から確認する事ができます

図2
凡例や記号などで、地質時代や種類、名前(○○層)などが示されます。(図3)

ゆざわジオパークの案内書では、地質図と文章などで説明していることが多いですが・・・
図1をご覧下さい・・・同じ緑でも濃い緑薄い緑があります。
この場合、濃い色の方が、薄い色の方よりも地質年代が古い事を示しています。

地質図から、今私たちが住んでいる所が、どんな地層や岩石類でできているのか、
いつの時代のものなのかを知る事ができます。
つまり、普段は目にする事ができない地下の様子を表しているのが、地質図です

数百万年前・・・数千万年前・・・中には、数億年前・・・
そんな昔の地層・岩石類の上に住んでいるんだと思うと、やっぱりロマンを感じてしまいますね
ただ、ただ転がっている石ころでも・・・ここで生活してきた人々の歴史を見てきているんです・・・

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーがお伝えしました
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング