湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

怪蟲“毛壁虱”、湯澤ニテ出現ス!

2013-05-15

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 最近、“ダニ”がどうしたこうした……なんて話をよく聞きませんか?
 以下、厚生労働省から発表された文書の抜粋です。


  病原微生物検出情報(IASR)速報
  国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候群患者
  重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome,
  SFTS)はブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新規ウイルス、SFTS
  ウイルス (SFTSV)、によるダニ媒介性感染症である。


 重症熱性血小板減少症候群

 中国で発見されたこの恐ろしい感染症の話を聞いて、ミレーは『雪の出羽路』のある記述を思い出したのでした。

 “壁虱”は“ダニ”と読みます。
 そうです。ダニです。


  ○逆巻村(今日の酒蒔) 支郷河原村

  此辺りの河原に毛壁虱と云ふ蟲ありて、夏より初秋かけて往来ふ人を螫てなやませ死ぬ人もあり、
  このあたりの河原には“ケダニ”という虫が住み、夏から初秋にかけて通行人を刺して病を生じ、死人も出た。

  さりければ河の道行く人は身をよく包みて歩行なり。
  そういうわけで、川の道を行く人は衣服で身を覆って歩くという。


 これは……
 はたして“毛壁虱”とは何者なのでしょうか。


  蟲は蓬または鼠麹草に似て河原父子といふ草にばかりすむてふ、其蟲は月代の剃毛のことく
  虫はヨモギまたはハハコグサに似た“河原父子”という草にだけ住むという。
  その虫は月代(当時の男性の髪型)のそり落とした毛のように


  いといと細く二三分にて、蟲のさまともおもはれぬものなり。
  たいそう細く(小さく?)、二、三分(6~9ミリ)、虫の姿とも思えないものである。

  此蟲越後國にもあり、(中略)名を島蟲と、また恙蟲といふ也、
  この虫は越後の国(こんにちの新潟県)にも住み、名をシマムシ、またはツツガムシという。


 “毛壁虱”の正体は“ツツガムシ”でした。
 目に見えず、噛まれたことにすら気付かず、症状が悪化して死に至る……
 菅江真澄が書いた症状は、“ツツガムシ病”として古来恐れられてきた謎の病でした。
 なお、“毛壁虱”とは、秋田県の雄物川流域におけるツツガムシの呼び名だそうです。

 秋田県は、今でもツツガムシに関する注意喚起を行っています。

 奇しくも、いよいよ“毛壁虱”が活発に活動する時期がやってきました。
 どうかみなさま、つつがなくお過ごしください。


 本日のブログはミレーがお送りしました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング