湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ジオガイド養成講座中級の部・第7回

2013-08-31

 みなさま、こんばんは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 本日、ネイチュアリングスクール『木風舎』より、橋谷晃先生を迎えてジオガイド養成講座中級の部第7回を行いました。会場は小安のとことん山キャンプ場です。
 「今日は小学5・6年生のつもりで!」ということで、まずはキャンプ場内の自然散策へ出発です。

 1_2013090108344730d.jpg

2_201309010834470c7.jpg

 ここで先生が着目したのは、「土」でした。
 森の土は、なぜこうも「ふかふか」なのか?
 みんなで踏みしめたり、土を掘ってみたり、何から土ができているかを見てみたり……

3_20130901083449c4c.jpg

 しゃがんで宝探しでもしているのでしょうか?
 ……確かに、お宝といえば、お宝です。
 この「森の土」は、後々実験でも活用します。
 普段何気なく目にしている「森の木々」も、ちょっと興味を持ってみれば実に奥深い。
 「気づき」「発見」へスムーズに導いてくれる、さすがです。

4_20130901083449f8d.jpg

 では、ちょっとした実験を。
 実験のテーマは、「森の土はどれくらいの“水”を含んでいるのか?」というものです。

5_20130901083451e52.jpg

 三ケ所から集めてきた土の重さを測ります。
 その後、それぞれの土の水分を飛ばした後でもう一度重さを測ることで、土に含まれる水の量を調べるというものです。

 いったい何が始まるんです?
6_20130901083507d5f.jpg

 土焼きです。

7_201309010835014e2.jpg

8_20130901083503f19.jpg

 なかなか……というよりは普通絶対にお目にかかることのない光景です。

 今回実験で用いた土は以下の三種類です。
①キャンプ場入口付近通路の硬い土
②スキー場斜面の芝生の土
③キャンプ場の森の土

 それぞれ300グラム用意し、水分を飛ばした後で再度計測しました。すると……
①250グラム
②210グラム
③80グラム

 すごい結果だと思います。
 特に③、森の土は重さの7割が水という結果になりました。まるで人間の体重に対する水の比率、あるいは地球の表面積に占める海の割合のようです。なにか運命的なものを感じます。
 「森はスポンジのように水を吸収して保つ」と聞くには聞いていましたが、まさかこれほどとは。

9_20130901083504752.jpg

 森の偉大さを実感した実験でした。

 その後は屋内で、「ガイドとは?」という大きなテーマのもとで講義をしていただきました。

11_201309010851264b7.jpg

 ガイドの心得にはじまり、安全対策、緊急時への対処法、危険動物についての対策等々、非常に盛りだくさんの内容であり、参加者の皆様とも活発な意見交換が行われました。
 ミレーとしましては、「ガイドは自分自身の感動を伝えることから始まる」という言葉が心に残りました。


 はじめからおわりまで、溢れんばかりの笑顔で対応していただきました橋谷先生、ありがとうございました!
 ぜひ、またゆざわジオパークへお越しください。

10_20130901083506278.jpg


 本日のブログはミレーがお送りしました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング