湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

市野吊り橋

2012-06-11

こんにちは

今日は市野吊り橋についてお話しします

昔、皆瀬ダムの上流に、小安と対岸の市野集落を結ぶ市野吊り橋がありました

この橋は、石坂洋二郎の小説を原作とした映画「山と川のある町」(昭和29年頃)にも登場しています

当時の大スター、宝田明・雪村いずみ主演の映画で、この橋で撮影されました

昔の市野吊り橋は、皆瀬ダムの完成と共に水没することになり、
昭和37年に長さ91m、幅3.2mの新しい吊り橋に架け替えられました

市野吊り橋
現在の市野吊り橋

そしてこちらが、先週の水曜日に市野吊り橋から撮った写真です

市野吊り橋からの眺望

この日は増水していて川面まで近かったので、あまり怖さは感じませんでした

水が引くと、1枚目の写真のように橋からの高低差がかなりあり、スリル満点だそうです

また、この橋からは三途川層もよく観察できます

三途川層露頭

三途川層露頭2
川岸の三途川層露頭

内陸の湯沢市では、木などに隠れて地層が見えにくいことも多いので、
このようにハッキリと見える場所は、ぜひ多くの人に知ってほしいですね~

以上、湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のトビウオがお伝えしました

釣りの名所、貝沼

2012-06-01

こんにちはm(_ _)m

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふらっとです。

今回より、市内にある数々のジオサイト、ジオポイントから、
自分が実際に歩いた魅力的な景観や体験を軸に、記事を作成していきたいと思います。

最近は看板作製やHP制作のために、市内を巡って写真を撮りまくっているので、
それを活用して華やかな記事が作れたらいいなー、と思っています(っ`・ω・´)っ


さて今日は、釣りの名所として名高い、
ジオサイト 皆瀬貝沼で見てきたことをお伝えします。

貝沼全景1_convert_20120601110153
風光明媚な貝沼

先日は天気も良く、とても綺麗な風景でした。

貝沼1_convert_20120601110320

周辺の写真を撮影しながら、水面を眺めていると…

魚(少)_convert_20120601110408

おや?
あれは、魚か!?

魚(中)_convert_20120601110804

お~!いるいる!
ぱっと見て何の魚かわからないですが、多分ワカサギとかでしょうか。

さすが釣りの名所と言われるだけあります。
時折水面を跳ねる元気な魚を見て、テンションが上がって更に散策してみます。

貝沼2_convert_20120601110633

釣りもいいですけど、やっぱり眺めがいいですね~(〃^∇^)

…などと思いながら、また水面を見ていると、

魚(多1)_convert_20120601110852

ん!?
え!? なんだあの大群は!!

魚(多2)_convert_20120601111005

わー!! すごい!!しかも大きいやつばっかりだ!!
これじゃまるで釣堀みたいじゃないか…!!

とか思いながら興奮していると……


\ドボンッ!!/
魚(大)_convert_20120601111211

おわーっ!!
なんだこいつは!! この沼のヌシか!?

IMG_1946_convert_20120601114036.jpg

でかい…でかすぎる…。しかもこんなサイズのやつが何匹もいる……。

こんな大物は、自分が持ってるような安物の竿ではへし折られるんじゃないだろうか…。
なんて思うくらい、非常に立派な鯉がうようよ泳いでいました…。

さすが…、さすが釣りの名所は伊達じゃない…(ゴクリ

貝沼の学術的な背景は、こちらの記事にてどうかご確認ください。

さて、次はどんなジオサイトに行けるかな♪
皆さんもこの初夏の陽気の中、ジオサイト巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

不動滝の形成

2012-05-02

こんにちは

良い天気が続いていましたが、明日からは崩れるそうですね

せっかく咲いた桜ですが、大分散ってしまうでしょうか

今日は仕事の帰りに見納めに行こうかなぁ

さて、ゴールデンウィーク真っ只中 ということで、
今日は湯沢市を代表する観光地・小安峡大噴湯から、不動滝を紹介します

このブログにも何度か登場していますが、今日はその形成についてお話ししたいと思います

不動滝は、小安峡総合案内施設のすぐ裏側にあります

川底に虎毛山層の大湯溶結凝灰岩が分布し、
それを覆って三途川層の砂岩・泥岩凝灰岩互層が広く分布しています

8kmにも及ぶ小安峡の大渓谷は、周辺の三途川層を皆瀬川が深く削り取ってできたものですが、
この不動滝を境に地形的に異なった特徴が見られます

不動滝より下流では断崖絶壁のV字谷ですが、
上流側では深いV字谷となっていないのです

不動滝下流側のV字谷
不動滝下流側のV字谷

不動滝上流
不動滝上流(深いV字谷にはなっていない)

この地形の違いは、不動滝周辺の地質の変化と関係があります
 
3万~1万年前、不動滝より上流部の三途川層や虎毛山層は、温泉作用によって硬く変質しました

温泉水が岩石の割れ目に入り込み、温度の低下と共に温泉成分(シリカなど)が沈殿して
硬くなったのだと考えられています

また、不動滝周辺では、三途川層の上を礫岩層(河岸段丘礫層)が覆っていますが、
この礫岩層も同様に温泉変質作用を受けて硬くなっています

不動滝周辺が変質作用を受けたのが3~1万年前なのに対して、
皆瀬川による浸食作用が盛んになったのは約7万~1万年前のウルム氷河期です
(氷河期には海水面が下がるため、河川の浸食作用が盛んになります)

浸食は長い年月をかけて下流から上流に向かって進行するため、
小安峡渓谷に浸食作用が及んだ時には、
不動滝周辺の地層はすでに温泉作用によって硬くなっており、
河川による下刻作用を受けなかったと推測されます

不動滝では、温泉変質により硬くなった三途川層の露頭がよく観察できます

不動滝の三途川層露頭
温泉変質で硬くなった三途川層露頭

4連休の後半は天気も持ち直すという予報ですので、行ったことのない方はぜひ

近くで見ると本当に迫力がありますよ~

いらっしゃるときは、歩きやすく滑りにくい靴をお勧めします

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のトビウオがお伝えしました

雨沼の里山散策路周辺の地質について

2012-04-29

こんにちは

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。

連休2日目・・・皆さま、どのようにお過ごしですか?

天気も良いし、暖かいし、本当にお出かけ日和ですね

この間から、花見花見と言ってますが、まだ市内の桜は見頃をむかえていませんよね

一昨日のTVでは、にかほ市の桜は、すでに満開をむかえているようでした。

まぁ・・・花見に行っても、屋台の方が気になってしょうがないらんぼーだとは思うのですが

連休中に、子どもを連れて、必ずどこかには出かけたいと思います


さて前回は、雨沼の里山散策路をお伝えしましたが

今日は、散策路周辺の地質についてお伝えしたいと思います



散策路周辺は虎毛山層(約500万年前の火山噴火によって形成された石英安山岩質凝灰岩)

湖成堆積物の三途川層が分布しています。
スライド1
山岳部は約1500万年前の国見岳層(安山岩質火山砕屑岩)とその上に堆積した、海成堆積物の西小沢層

(硬質泥岩と凝灰岩の互層)及び五里台層(シルト岩)が分布します。

散策路沿いに西小沢層の硬質泥岩や凝灰岩、砂岩を挟む泥岩露頭が観察できます

ちなみに、露頭とは地質や地層がわかりやすく観察できるところです


また、また余談なのですが、湯沢市ジオパーク推進協議会事務局で、色々と学ばせていただいてから

早いもので半月が過ぎました

最初は全くわからなかった専門用語など、少しずつ理解できるようになってきました

きっと、高校生の時より勉強してます

これから、もっともっと勉強して、色々発信していきたいです

以上、らんぼーがお伝えしました。

雨沼の里山散策路

2012-04-25

皆さま、こんにちは

湯沢市ジオパーク推進協議会
事務局のらんぼーです。

日曜日(22日)からちょっと肌寒い日が続いてましたが、今日は天気も良いし

暖かいので、屋内にいるのがもったいない気がします

早くジオツアー行ってみたいなぁ~と、うずうずしております

今週末からGWに入りますが、このままの予想では天気良さそう・・・かなぁ~

子どもと公園で遊んだり・・・花見行ったり・・・山菜採りも行きたいなぁ・・・
と、今から想像に胸ふくらませています


さて、さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は、起終点を雨沼集落跡とする

雨沼の里山散策路(ジオサイト候補地 皆瀬)についてお伝えしたいと思います


散策路


雨沼の里山散策ルートは、黒森山(682m)の北側に位置し
普段は山菜採りの方が歩く程度です



山裾に沿った平坦な小道で広葉樹林が茂り、新緑の頃・・・まさに今ですね~
木々の香りが漂っています

散策路2
天気の良い日には、皆瀬川沿いの町並みや兜山
湯沢の山々のみならず、遠くの鳥海山も眺められます。

森林浴に最適なコースです




写真を見るだけでも、気持ち良さそうですね


この様に、我が湯沢市には素晴らしい所が本当に多いなぁと、日々再認識している所です

まだまだ勉強中ですが、ブログだけではなく、色んなところで地元湯沢を発信していきたいと思います


何だか、決意表明みたいになってしまいましたが・・・

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーがお伝えしました




プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング