湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地方の公共交通機関を考える

2019-12-13


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

車を買ったので、買い物などをするには楽になりましたが、
ゆざわに来てからしばらくは徒歩でした。

何をするにも歩く。

でも、時には遠い場所にいきたいこともあります。
そんなときは電車かバスを使います。

そしてこれが大問題。

行きたいところにスムーズにいけない・・・。

公共交通機関が通っていればまだ良し。
本数は少ないので1時間ぐらい待つのは当たり前ですが、
むしろ最寄りの交通機関が「ない」ってことのほうが多いですよね。

千葉の実家でも似たような状況なので、地方はどこも同じようなものでしょう。
個人的にはかなり深刻な問題だと思うのですが、あまり大きな議論をされているようには思いません。

地域住民の「足」が無くなれば、生活のために車を使わざるをえません。
たとえそれが、運転に自信がなかろうと、です。

よく話題にあがる高齢運転者による交通死亡事故や免許返納に関する議論も、
こうした地方の現状が理由の一端としてあるでしょう。

誤解してほしくないのであえて書きますが、免許返納は進めるべきだと思います。

しかし、地方の現状を無視して免許返納だけを進めるのは間違っていると思います。
廃れてしまった地方の交通機関を再整備することを同時にしていかないと、
地方にいる高齢者がますます不便になり、社会からの孤立を誘発してしまうでしょう。

また、最近よく話題にあがる高齢者による交通死亡事故は実際どうなのでしょう。
高齢者が起こした事故件数を免許保有者10万人当たりで見てみます。

交通死亡事故と年齢の関係
グラフ1:原付以上運転者(第1当事者、※1)の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故件数の推移(※2)

免許保有者10万人で考えると確かに80歳以上の運転者による死亡事故件数は若い人に比べると多いです。
ですが、10代の運転者による事故件数も同じくらいに多く、その傾向は10年間続いています。
そのため、一方的に高齢者を攻めるのはおかしいと個人的には思います。

ただ、免許保有者10万人当たりなので、免許は持っているが普段は運転していない人たちも含まれています。
そのため、実際に運転をしている人たちの中で改めて事故件数を計算すると、また違った傾向が出てくるのかもしれません。

さらに、事故により亡くなった人たちの年齢はどうなのでしょうか。
報道をみると若い人が多く亡くなっているように感じてしまいますが、
それもまたデータをみると異なる様子が見えてきます。

年齢層別死者数の推移
グラフ2:年齢層別人口10万人当たり死者数の推移(※3)

これも10万人当たりの死者数ですが、最も交通事故で亡くなっているのは高齢者の方々です。
そのため各地で高齢者に対する普及啓発活動が活発に行われています。

ちなみに昨年度の交通事故死者数は統計を取り始めてから最少の3532人でした(24時間以内)。
これはここ10年間ずっと減少し続けており、交通事故に関する普及啓発が一定の効果を発揮しているのでしょう。

ただ、死者数が最少とは言っても、平均すれば1日あたりに9人以上が亡くなっていることになり、
まだまだ死亡事故が多いとは言えるのではないでしょうか。

繰り返しますが、免許返納は進むべきだと思っていますし、交通事故による死者はゼロになってほしいと心から思います。
そのための方策として地方の現状を踏まえた交通機関の再整備をもっと進めてほしいと願ってやみません。

これから年末を迎えます。
忘年会などで楽しくなったあとに、事故に合う・事故を起こすといったことがないように
自分も含め改めて気を付けてほしいと思います。

イトケン

----------------------------------------------------------------------------
※1:警察庁のホームページによると、第1当事者とは以下のように定義されている。
    「第1当事者」とは、最初に交通事故に関与した車両等(列車を含む。)の運転者又は歩行者のうち、
    当該交通事故における過失が重い者をいい、また過失が同程度の場合には人身損傷程度が軽い者をいう。


※2:警察庁の「平成30年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」にある
    「原付以上運転者(第1当事者)の年齢層別免許保有者10万人当たり死亡事故件数の推移」

※3:警察庁の「平成30年中の交通死亡事故の発生状況及び道路交通法違反取締り状況等について」にある
    「年齢層別人口10万人当たり死者数の推移」

真っ白に染まる(ただし川原毛地獄ではない)

2019-12-07


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ここ数日でゆざわは真っ白な雪に覆われました。
気象庁のデータでは、6日の朝6時が積雪深80cmで、16時現在では64cmと少し減りました。

今日のブログは予約投稿しているので、一晩経ってから雪はまた増えているのだと思います。
(記事執筆しているのは6日の16:30頃)

すでに雪かきで身体中が痛いです・・・(泣)

そんな中、初めてのゆざわでの冬ということもあり、あえて現地確認に行ってみました。
久しぶりに雪国での運転だったので、緊張しましたね・・・。

国道398号線を通り、一路、小安方面へ。

途中の稲川地域を通過中に、あまりに真っ白でどこが道路なのか分かりにくくなりました。
強風のため非常に視界が悪かったですね・・・。

photo01_191207.jpg
写真1:真っ白な道路

右側にある木々のおかげで、かろうじて道路の向きがわかります。
視界は200メートルほどでしょうか。
ちなみに左側は田んぼなので、間違ったら大変なことになります・・・。

そんな中を安全運転で走行しながら、なんとか無事に大噴湯へ到着。
当然ながら、積雪のため川沿いに降りることはできません。

そのため、小安峡を上から眺めることができる河原湯橋から大噴湯を見学。
白いモヤは雪なのか、それとも蒸気なのか判断が付きません。

photo02_191207.jpg
写真2:河原湯橋より小安峡を望む

さらに、そのまま奥へ奥へと進み、最後は国道398号線の冬期閉鎖地点に到着。
この先は本当にとんでもない積雪量になってるのだろうと、現地を訪問して痛感しました。
すでに春が待ち遠しいです・・・。

photo03_191207.jpg
写真3:冬期閉鎖中の国道398号線にあるゲート。

時間があれば、ほかの場所も現地確認したいと思います。

これだけ大量に降る雪なので、なにか利用できないかなと常々思案しているのですが、
良いアイデアがでてきません(汗)。

まあ、昔から色んな人が考えて、それでも有効な考えが出てきていないわけですから、
そんな簡単にアイデアが出たら苦労はしませんよね・・・。

ということで、まだまだ諦めずに考え続けたいと思います。
なにかいい方法ないかな・・・。

イトケン


「しずこまちの旅シリーズ」始まります❗️

2019-12-02

お久しぶりです❗️
地域おこし協力隊の齋藤です٩( ᐛ )و
 
 
ご存知の方も多いかもしれませんが
ここ最近、Facebookの方で情報を発信していたので
ブログの方はご無沙汰しておりました^ ^
 
 
まだFacebookを一度も見たことがない❗️
という方はぜひ一度訪問していただけると幸いです♪
※Facebookで「湯沢市ジオパーク推進協議会」で検索すると出てきます♪※
 
 
さて、
今回久しぶりにブログに登場させていただいたのが
ゆざわジオパークのキャラクターでもある
「しずこまち」がゆざわジオパークを巡る動画が
youtubeで配信されます✨
 
 
どんな内容かというと。。。。
しずこまちのびみょ〜な俳句とともに、
楽しんでゆざわジオパークを一緒に巡って頂くような内容となっています♪


【配信URLはコチラ】
https://youtu.be/SB1i4e_pS0M
(ぜひ音声付きでお楽しみください♪)
しずこまちの旅



【ゆざわジオパークキャラクターしずこまちとは??】
性別:女の子
性格:おしとやかで、いつもニコニコ
チャームポイント:つぶらな瞳とピンクのほっぺ❤️
仕事:ゆざわジオパークの魅力をアピールすること
趣味:湧水と温泉地巡り(最近は、俳句も♪)
特技:かわいいポーズ(๑˃̵ᴗ˂̵)
好きな食べ物:三関扇状地が育むサクランボ
夢:いつか小野小町のようになりたいわ〜❤️
好きな教科:地学
 

ぜひご覧いただけたら幸いです♪

海外向け記事(英語・フランス語)

2019-12-01


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

今日はゆざわのことを取り上げた記事を紹介します。

フランス出身のライターさんが湯沢を訪問した時の内容が「VOYAPON -ヴォやポン-」という
訪日外国人向けの情報サイトにでています。

このサイト名はおそらくフランス語の「voyage(旅)」と「Japon(日本)」を合わせた単語でしょう。

個人的には久々にフランス語で記事を読めたので楽しかったのですが、
内容を理解するのに非常に時間がかかりました・・・。

英仏ともにリンクを貼っておきますので、時間があるときに読んでみてくださいね!

イトケン

-------------------------

●小安峡の紅葉と野性味あふれる温泉
Autumn leaves and wild onsen in the Oyasukyo Gorge(英語版)
Feuilles d’automne et onsen sauvage dans les gorges d’Oyasukyo(仏語版)

●湯沢の「天国」のような旅館と「地獄」のような火山の景観
Yuzawa's Luxury Ryokan "Heaven" and Volcanic Landscape "Hell"(英語版)
Séjour au cœur la région du Tohoku : ryokan luxueux, onsen et nature époustouflante(仏語版)

●湯沢の伝統的な日本凧の発見
Discover Yuzawa's Traditional Japanese Kites(英語版)
Découvrir l’art traditionnel japonais de Yuzawa : créer son propre cerf-volant “Managu”(仏語版)

初めての県北

2019-11-25


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

先日、業務で男鹿半島・大潟ジオパークと八峰白神ジオパークの
展示施設見学に行ってきました。

photo01_191125_2019112514230807a.jpg
写真1:男鹿市ジオパーク学習センター内の様子

体験プログラムも様々な対象向けに開発されており、大変参考になりました。

つぎに八峰町にある「ぶなっこランド森林科学館」を見学。
木製の建物の中にジオパークの展示ブースがありました。

森林科学館という名前のとおり、樹木に関する展示が多かったです。
知識がない分野なので、ぜひとも参考にしたいところ。

photo02_191125_20191125142309b48.jpg
写真2:ぶなっこランド内の様子

県内の他ジオパークの展示施設を見学するのは、恥ずかしながら初めてだったので、
どちらの施設も面白かったですし参考になりました。

対応していただいた学習センターの菊池さん、八峰町の三輪さん、
お忙しい中ありがとうございました!

イトケン
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング