湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

お盆は過ぎましたが

2020-08-20


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

少しネタが尽きてしまい、ブログを書くのが難しくなってきました・・・。
でも、何とか思いつく限りでブログを書きますので、引き続きよろしくお願いします。

さて、お盆はすでに過ぎてしまいましたが、お盆に絡めて今日は「墓石」に注目してみたいと思います。

秋田に来てすぐの頃、お墓を見て感じたことがあります。

な、なにかいる!





ではなくて、何だかお墓が暗く感じる・・・。


いやいや、超常現象的な話ではなくて、本当にそう思いました。
そして、すぐに理由がわかります。




お墓が黒い!!



そうお墓が黒いのです。

photo200819_01.jpg
写真1:湯沢にあるお墓の例。全体的に黒目のお墓が多いですね(画像の一部を加工しています)。


たぶん地元の人からすれば、そんなの当たり前だと言われると思うのですが、
千葉生まれの自分からすると、あまり見慣れない光景です。

なぜなら、実家の近くにあるお墓はこんな感じだからです。

photo200819_02.jpg
写真2:実家近くのお墓の様子。



どうでしょうか。湯沢のお墓より白っぽく感じませんか??
そう、個人的な違和感は「墓石の色」にあったのです。


墓石として使われる石材として有名なものに「御影石」があります。
岩石的には花崗岩と呼ばれ、神戸市東灘区にある御影地区で採石されていたことに由来します。


一般的に関東から西側では白っぽい墓石が多いようです。
上記の御影地区だけではなく、広島や岡山でも広く花崗岩が取れるので石材として利用しやすい環境だったことが
白っぽい墓石が多くなった理由かもしれません。

一方、関東より北では黒っぽい墓石が多くなるようです。

この黒っぽい石は「黒御影石」と呼ばれています。
岩石としては主に斑レイ岩や閃緑岩(せんりょくがん)のことで、鉄やマグネシウムを多く含むため黒っぽく見えます。

御影石(花崗岩)と黒御影石(斑レイ岩や閃緑岩)は、色の違いはあれど、
どちらも地下深いところでゆっくりと冷えて固まった「深成岩」に区分されます。

昔、教科書でこんな表を見たことはないでしょうか。

table200819_01.jpg
表1:火成岩の分類。墓石で使われているのは、それぞれ円で囲んだあたりの岩石でしょうか。あくまで私の予想ですが・・・。



表の右に進めば進むほど、岩石中にシリカ(二酸化ケイ素、SiO2)の含有量が増えますが、
鉄やマグネシウムの量は減っていき、その岩石は白っぽくなります。

反対に表の左に進むと、シリカ量は少なくなり、鉄とマグネシム量が増えていくので
その岩石は黒っぽくなります。

ちなみに花崗岩たちの上に書いてある玄武岩、安山岩、デイサイト、流紋岩の4つの岩石は
「火山岩」と呼ばれ、地上付近で急速に冷えた固まったものです。
この火山岩もシリカ量や鉄とマグネシム量により区分されています。

とまあ、墓石も岩石的な視点で見ると違いがあることがわかっていただけたかと思いますが、
なぜ湯沢・秋田で黒っぽい墓石が多いのかはわかりません。

黒っぽい石が近くで取れやすかったというのが理由として挙げられますが、
湯沢の場合は、そんなに黒っぽい石(つまり斑レイ岩や閃緑岩)が多いわけでもありません。

むしろ神室山付近の花崗岩(御影石に近い)のほうが取りやすかったと思うのですが・・・。

地元に人に聞くと、「黒の方が高そうに(高級に)見える」と言われました。
・・・好みの問題ですかね??

どなたか理由をご存知でしたら、ぜひ教えてくださいね。

ではでは。

イトケン

大雨が止んでも注意してください!

2020-07-29


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ここ数日、降り続いた大雨のため秋田県と山形県では河川の氾濫が起こりました。
湯沢市内で氾濫は起こっていませんが、雨の記録を見てみると油断はできないようです。

そこで簡単にですが、過去の雨の記録と今年の記録を比較してみました。
出典はいつもの通り、気象庁のデータです。

graph200729.jpg
グラフ1:湯沢と湯の岱で今月に記録した1時間あたりの降水量(棒グラフ)と累計降水量(折れ線グラフ)

7月の降水量のデータです。
湯沢では断続的に雨が降り続いており、7月の頭には1時間に20mmを超えるような
強い雨を記録しています。

その降水量を足し合わせていったのが、累計降水量(折れ線グラフ、右軸)です。
昨日までのデータしかないので7月28日までになりますが、今の時点で累計降水量がどちらの地点も300mmを超えています。

では、それが例年と比べて多いのか少ないのか、ここ44年の平均を計算してみました。
すると・・・。

湯沢 :156.8mm
湯の岱:210.2mm


すでに今月の雨量はここ44年の平均の倍になっていることがわかります。

この後ゆざわの天気は回復傾向ではありますが、例年以上に大雨が降ったことは間違いありません。
今後しばらくは土砂災害の危険性が高くなっていると考え、身の回りに注意していただければと思います。

ではでは。


イトケン




観光案内所前を掃除しました!

2020-07-09


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

七夕の日にジオガイドの皆さんとJR職員の皆さんとで、湯沢駅観光案内施設前の通路を掃除しました。

観光案内施設前にあるベンチの足元などが黒く汚れていて、以前から掃除をしたいねという話があったのですが、
今回ついに実施することとなりました。

ということで、掃除します!

photo200709_01.jpg
写真1:掃除します。しず小町も見守っています。



photo200709_02.jpg
写真2:せっせ、せっせと掃除。


個人的にはそんなに汚れていないな~と思っていたのですが、
泥や砂が思っていた以上にタイルにへばり付いていて驚きました。

掃除ってやっぱり大事ですね・・・。


photo200709_03.jpg
写真3:東口のメインエントランス前も掃除します。


photo200709_04.jpg
写真4:タクシーの乗降所近くも掃除、掃除。


おかげさまで綺麗になりました!
こうした活動は定期的にやっていきたいものですね。

近くにお越しの際は、ぜひきれいになった湯沢駅の東口通路をご覧になってくださいね。

最後に一言。


ガムとかゴミとかポイ捨てしないでね!(怒)


以上、イトケンでした。



湯沢の風

2020-06-24


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ゆざわに来て1年が経ちましたが、普段から感じていることがあります。

風、つええな・・・。

生まれも育ちも海沿いの人間なので、風が強いのは慣れっこなのですが、
「内陸」のイメージからすると、ゆざわは風が強いように感じていました。

そこで、お馴染みの気象庁のデータを使って、ゆざわの風について調べてみました。
とは言っても、観測地点が2カ所しかないので、ゆざわ全体の傾向は反映していないかもしれませんが、
その点はご了承ください!

データは観測を開始した1976年11月15日から2020年6月15日の約44年を使用しました。

graph200624_01.jpg
グラフ1:「湯沢」と「湯の岱」の風速のデータ。縦軸は相対度数(%)、横軸はそれぞれの風速を表しています。

このグラフの横軸表示は、例えば「2-3」であれば、「風速2メートル/秒以上、3メートル/秒未満」を意味しています。

これを見ると、個人的には風が強いと感じていた湯沢は、あまり強くないことがわかります。
・・・個人の感覚っていい加減ですね(汗)。

湯の岱はさらに平穏と言うか、風速1メートル/秒未満の割合が30%を超えています。
観測地点が木々に囲まれているのかもしれませんが、湯沢よりもさらに風が弱いことが多いのは意外ですね。

次に風向、風の向きについて見てみましょう。

graph200624_02.jpg
グラフ2:「湯沢」の風向のデータ。16方位のうち、どの方位から風が吹いていたのか、その割合(%)を表しています。

graph200624_03.jpg
グラフ2:「湯の岱」の風向のデータ。

これを見ると、少し違いはありますがどちらの地点でも「北西」と「南(南東)」からの風が多いことがわかります。
特に湯沢では南風が15%、南南東の風が10%を超えていますね。

他に北西の風が多いことがわかります。
これは冬の期間に、大陸から吹く冷たい季節風を反映しているためでしょう。
その風が日本海を渡るときに水(水蒸気)を含み、そして奥羽山脈にぶつかることで大雪が降るわけですね。

しかし、北西方向の風の割合はもう少し多いと思っていたのですが、南からの風の方が多いというのは意外でした。
ただ、北西の風とは違って、南からの風が多い原因はちょっとわかりませんでした・・・。

これが湯沢に特徴的なものなのか。そうではなく秋田県、さらには東北地方で一般的なものなのか・・・。
個人的にはちょっと気になるところです。

ちなみに少し話は逸れますが、こうした季節によって吹く風を調べているうちに思い出したことがありました。
それは「ハルマッタン(harmattan)」。

西アフリカのベナンに行っているときに経験しました。
だいたい12月から3月くらいに吹く季節風で、サハラ砂漠から多量の砂を運んできます・・・。
それは日本でいう「黄砂」のレベルではなく、本当に砂を含んだ風がやってくるのです。

photo200624_04.jpg
写真1:ベナンの北部で撮った写真。太陽のまわりが茶色がかっています。

あまり良い写真ではないのですが、ハルマッタンが来ていた時期に撮った空の様子です。
黄砂の時期には空が黄色く見えることがあると思いますが、それよりもさらに茶色に見えることが多かったです。
しかも本当に景色が霞みます・・・。

photo200624_05.jpg
写真2:後輩隊員の活動を見学した際の写真。奥の景色が霞んでいます。

次の写真をご覧ください。特に右奥のビルがかなり霞んでいるのがわかると思います。
普段はもっとはっきり見えるのですが、サハラ砂漠からの砂のせいで霞んでいます。

ちなみにこの写真は、後輩隊員(秋田県出身)が地元の学校で体育のテストをしている様子です。

あまりに砂が多いので、喉が痛くなったり、目が痛くなったりすることもあります。
あと掃除する気力が失せます・・・。掃除しても掃除しても砂が来るので・・・。

とまあ、風つながりで思い出したことを書いてみました。
何気なく吹いている風も調べてみると面白い発見があるかもしれませんね。

ではでは。

イトケン


さくらんぼのシーズン到来です!

2020-06-16


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

早くも暑くなってきましたね・・・。
今日の14時時点で湯沢の市街地では23度、関東の内陸では33度になっている場所もあるようです。

今年は外でマスクをする機会も多いと思いますので、熱中症に気を付けつつ感染のリスクを下げるようにしましょう。

さて、そんな皆さんに本日は朗報です。

さくらんぼのシーズンがやってきましたよ!!

三関・須川地区ではさくらんぼのハウスがたくさん建っていますが、これは今の時期にしか見ることのできないものです。
食べることができるのも今の時期だけですねー。

そこで先日、事務局メンバーで三関・須川地区を一望できる場所に行ってみました。
良いお天気だったので、景色が大変きれいでした!

photo200616_00.jpg
写真1:新緑のなかを進みます。

photo200616_01.jpg
写真2:現地に到着。三関扇状地を一望できます!

photo200616_02.jpg
写真3:北側に目を向けると、横手の市街地も見えました!

photo200616_03.jpg
写真4:山のふもとにハウスが並んでいるのが見えます。

photo200616_04.jpg
写真5:さらに拡大。ハウスがみっちり建っていますね!

また、景色を見ているときに気が付いたのですが、雄物川をよく見ると意外と蛇行していることがわかります。
近くで見ていると気が付かないことも、遠くから見るとわかりますね。

photo200616_05.jpg
写真6:川がうねうねしている様子が見えます。

このハウスが並んでいる景色は、さくらんぼを収穫している今の時期だけです。
そう考えると、普段見ている景色も何だか特別なものに思えてきますよね。

さらに、せっかくの機会なので、もう少し奥にある「糸六(いとろく)神社」を訪問してみました。

photo200616_06.jpg
写真7:糸六神社。草刈りもされていて、地区の皆さんが大切に扱っている様子がうかがえました。

photo200616_07.jpg
写真8:神社の近くにある糸六の滝。茂みから撮影したので、あまりきれいに写りませんでした・・・。

普段あまり行くことができない場所は、行くだけでも非常に面白いですね。
また、ほかの場所にも訪問したいと思います。

せっかくのシーズン到来ですので、皆さんもさくらんぼをぜひご賞味ください!

ではでは。

イトケン



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング