湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

湯沢の風

2020-06-24


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ゆざわに来て1年が経ちましたが、普段から感じていることがあります。

風、つええな・・・。

生まれも育ちも海沿いの人間なので、風が強いのは慣れっこなのですが、
「内陸」のイメージからすると、ゆざわは風が強いように感じていました。

そこで、お馴染みの気象庁のデータを使って、ゆざわの風について調べてみました。
とは言っても、観測地点が2カ所しかないので、ゆざわ全体の傾向は反映していないかもしれませんが、
その点はご了承ください!

データは観測を開始した1976年11月15日から2020年6月15日の約44年を使用しました。

graph200624_01.jpg
グラフ1:「湯沢」と「湯の岱」の風速のデータ。縦軸は相対度数(%)、横軸はそれぞれの風速を表しています。

このグラフの横軸表示は、例えば「2-3」であれば、「風速2メートル/秒以上、3メートル/秒未満」を意味しています。

これを見ると、個人的には風が強いと感じていた湯沢は、あまり強くないことがわかります。
・・・個人の感覚っていい加減ですね(汗)。

湯の岱はさらに平穏と言うか、風速1メートル/秒未満の割合が30%を超えています。
観測地点が木々に囲まれているのかもしれませんが、湯沢よりもさらに風が弱いことが多いのは意外ですね。

次に風向、風の向きについて見てみましょう。

graph200624_02.jpg
グラフ2:「湯沢」の風向のデータ。16方位のうち、どの方位から風が吹いていたのか、その割合(%)を表しています。

graph200624_03.jpg
グラフ2:「湯の岱」の風向のデータ。

これを見ると、少し違いはありますがどちらの地点でも「北西」と「南(南東)」からの風が多いことがわかります。
特に湯沢では南風が15%、南南東の風が10%を超えていますね。

他に北西の風が多いことがわかります。
これは冬の期間に、大陸から吹く冷たい季節風を反映しているためでしょう。
その風が日本海を渡るときに水(水蒸気)を含み、そして奥羽山脈にぶつかることで大雪が降るわけですね。

しかし、北西方向の風の割合はもう少し多いと思っていたのですが、南からの風の方が多いというのは意外でした。
ただ、北西の風とは違って、南からの風が多い原因はちょっとわかりませんでした・・・。

これが湯沢に特徴的なものなのか。そうではなく秋田県、さらには東北地方で一般的なものなのか・・・。
個人的にはちょっと気になるところです。

ちなみに少し話は逸れますが、こうした季節によって吹く風を調べているうちに思い出したことがありました。
それは「ハルマッタン(harmattan)」。

西アフリカのベナンに行っているときに経験しました。
だいたい12月から3月くらいに吹く季節風で、サハラ砂漠から多量の砂を運んできます・・・。
それは日本でいう「黄砂」のレベルではなく、本当に砂を含んだ風がやってくるのです。

photo200624_04.jpg
写真1:ベナンの北部で撮った写真。太陽のまわりが茶色がかっています。

あまり良い写真ではないのですが、ハルマッタンが来ていた時期に撮った空の様子です。
黄砂の時期には空が黄色く見えることがあると思いますが、それよりもさらに茶色に見えることが多かったです。
しかも本当に景色が霞みます・・・。

photo200624_05.jpg
写真2:後輩隊員の活動を見学した際の写真。奥の景色が霞んでいます。

次の写真をご覧ください。特に右奥のビルがかなり霞んでいるのがわかると思います。
普段はもっとはっきり見えるのですが、サハラ砂漠からの砂のせいで霞んでいます。

ちなみにこの写真は、後輩隊員(秋田県出身)が地元の学校で体育のテストをしている様子です。

あまりに砂が多いので、喉が痛くなったり、目が痛くなったりすることもあります。
あと掃除する気力が失せます・・・。掃除しても掃除しても砂が来るので・・・。

とまあ、風つながりで思い出したことを書いてみました。
何気なく吹いている風も調べてみると面白い発見があるかもしれませんね。

ではでは。

イトケン


さくらんぼのシーズン到来です!

2020-06-16


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

早くも暑くなってきましたね・・・。
今日の14時時点で湯沢の市街地では23度、関東の内陸では33度になっている場所もあるようです。

今年は外でマスクをする機会も多いと思いますので、熱中症に気を付けつつ感染のリスクを下げるようにしましょう。

さて、そんな皆さんに本日は朗報です。

さくらんぼのシーズンがやってきましたよ!!

三関・須川地区ではさくらんぼのハウスがたくさん建っていますが、これは今の時期にしか見ることのできないものです。
食べることができるのも今の時期だけですねー。

そこで先日、事務局メンバーで三関・須川地区を一望できる場所に行ってみました。
良いお天気だったので、景色が大変きれいでした!

photo200616_00.jpg
写真1:新緑のなかを進みます。

photo200616_01.jpg
写真2:現地に到着。三関扇状地を一望できます!

photo200616_02.jpg
写真3:北側に目を向けると、横手の市街地も見えました!

photo200616_03.jpg
写真4:山のふもとにハウスが並んでいるのが見えます。

photo200616_04.jpg
写真5:さらに拡大。ハウスがみっちり建っていますね!

また、景色を見ているときに気が付いたのですが、雄物川をよく見ると意外と蛇行していることがわかります。
近くで見ていると気が付かないことも、遠くから見るとわかりますね。

photo200616_05.jpg
写真6:川がうねうねしている様子が見えます。

このハウスが並んでいる景色は、さくらんぼを収穫している今の時期だけです。
そう考えると、普段見ている景色も何だか特別なものに思えてきますよね。

さらに、せっかくの機会なので、もう少し奥にある「糸六(いとろく)神社」を訪問してみました。

photo200616_06.jpg
写真7:糸六神社。草刈りもされていて、地区の皆さんが大切に扱っている様子がうかがえました。

photo200616_07.jpg
写真8:神社の近くにある糸六の滝。茂みから撮影したので、あまりきれいに写りませんでした・・・。

普段あまり行くことができない場所は、行くだけでも非常に面白いですね。
また、ほかの場所にも訪問したいと思います。

せっかくのシーズン到来ですので、皆さんもさくらんぼをぜひご賞味ください!

ではでは。

イトケン



【しずこまちの旅第7弾❗️】山菜を探しに行くの巻

2020-06-11

こんばんは❗️
地域おこし協力隊の齋藤です٩( ᐛ )و
 
 
今回のしずこまちの旅は
4月に地域おこし協力隊として
小安峡のとことん山キャンプ場に着任した
コガちゃんに山菜を教わってきます♪
 
 
食卓でよく見る山菜ですが
実際にどのように生えているのか
楽しんでご覧ください♪

八峰白神ジオパークで講師をしてきました

2020-06-10


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

あまりブログを更新できておらず申し訳ないです・・・。
なるべくがんばります・・・。

さて、今日は先日講師として参加させていただいた八峰白神ジオパークさんでのガイド養成講座の様子をお伝えします。

ちなみに本年度に予定していたゆざわでのガイド養成講座は「中止」となりました。
参加を希望していた皆さんには大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、来年度には実施できると思いますので、
「新しい生活様式」を実践しつつ、お待ちいただければと思います。

今回、八峰さんでは初めてガイド養成講座を実施したそうで、その初回にお呼ばれしました。
参加者の多くが白神山地のガイドさんだったようです。

終わった今でも思いますが、自分がしゃべって良かったのでしょうかね・・・。

photo200609_01.jpg
写真1:講座の様子(その1)。

しかも、話した内容がガイドについて考えるというもの。
我ながら攻めた内容だったなと思います(笑)。

photo200609_02.jpg
写真2:講座の様子(その2)。

しかも、自分の「思い」が強すぎて(単に話し過ぎ)、時間オーバーするという失態を演じました・・・。
もうね、反面教師として利用してください・・・。

ただ、最近の状況や科学技術の進歩を考えると、人と人が直接やり取りをする「ガイド」というものは、
近い将来に必要がなくなるのかもしれません。

もちろん専門員としても、個人としても、そういうアナログなやり取りがなくなることは悲しいですし、
デジタルにはない「強み」もあるとは思いますが、そうは思わない・感じない人も少なからずいらっしゃると思います。

そんな状況において、今後どうやって各々のジオパークのファンを増やしていくのか。
それぞれの魅力をどうやってアナログ的にも、デジタル的にも伝えていくのか。

しっかりと向き合っていかなければならない重要なテーマだと思っています。

と、そんな話を八峰さんでしてきたわけですが、ちょうどそんなことを考えるのにぴったりなイベントが
未来館で行われます!

これ、狙ったものではなく、偶然に似たようなテーマが未来館で行われてました。びっくり!

オンラインでの体験の可能性とその課題について研究者、そして視聴者が意見を交わします。
せっかくの機会なので、ぜひ視聴してみてくださいね!

ではでは。

イトケン

-----------------------------------------------------------------------
イベント名:
研究エリア公開ミーティング vol.1 どうしたらオンラインでの体験にもっと満足できるのだろう?

放送日時:
2020年6月12日(金) 19:00~20:00

視聴方法:
YouTube Live(Miraikan Channel)にてインターネット放送します。
視聴URLは後日お知らせいたします。

詳細は下記から。
https://www.miraikan.jst.go.jp/info/2006031225862.html

今日は「県民防災の日」

2020-05-26


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

今日は秋田県の「県民防災の日」です。

1983年の今日、秋田県沖を震源とする「日本海中部地震」が起きました。
この地震で発生した津波により、遠足に来ていた小学生や護岸工事の作業員などを含め多くの方々が犠牲になりました。

そのことを忘れず、県民の「防災・減災」の意識を高めるために5月26日を「県民防災の日」に定めています。

そこで今日は『自分が住んでいる地域にどんな危険が潜んでいるのか』を知るために、
ハザードマップを見てみたいと思います。

湯沢市の場合は、「湯沢市防災マップ」という名前で公開されており、市役所のホームページで見ることができます。

photo200526_01.jpg
図1:湯沢市防災マップの表紙。中には災害への備えや心構えも記載してあります!

ゆざわは内陸であり、かつ市の総面積の8割以上が山地であるため、土砂災害が起こる可能性が高くなっています。

それは防災マップを見ると一目でわかります。
例えば、三関・須川地区を見てみましょう。

photo200526_02.jpg
図2:三関・須川地区の防災マップの抜粋。警戒区域がたくさんありますね。

湯沢南中学校の東側に何やら赤い線がたくさんあります。
右上にある凡例を見てみると、この赤い線で囲まれた場所は「土石流・急傾斜・地すべり 警戒区域」になります。
その一部は赤く塗りつぶされており、「土石流・急傾斜 特別警戒区域」に指定されていることがわかります。

「警戒区域」と「特別警戒区域」の違いは国土交通省の「土砂災害防止法の概要」によると以下のようになります。

●土砂災害警戒区域
急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。

●土砂災害特別警戒区域
急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます

つまり、どちらの区域も土砂災害によって体に何らかのダメージが発生する可能性があり、
さらに特別警戒区域の場合は命を失う可能性すらあることになります。

こうした地域は市内のあちらこちらにあります。

もう少し南にも警戒区域がたくさん指定されていることがわかります。

photo200526_03.jpg
図3:警戒区域がたくさんある一方、水はけがよく果樹栽培に適した土地がつくられます。

このあたりは今の季節だとサクランボ栽培が盛んですね。
例年6月中旬ごろには出荷が始まるので、個人的にはすごく楽しみです。

警戒区域と聞くとどうしてもマイナスのイメージを持ってしまいがちですが、
その特徴を上手に活かした例が、このサクランボ栽培なのです。

この三関・須川地区にある警戒区域は「扇状地」である場合がほとんどです。
緩やかな傾斜地が山地から平地に移る場所に見られ、山側を頂点として「扇状」に土砂が堆積しています。

この扇状地は粒子の粗い礫(れき)や砂を含んでいることが多く、水を通しやすい特徴があります。
これはコップに大きめの氷を入れたときの飲み物をイメージするとわかりやすいと思います。

image200526_01.png
図4:大きめの氷を入れたコップのイメージ。ストローで吸うと、簡単に飲むことができますが、氷が細かいと・・・。

粗い氷の間にある飲み物は移動しやすいので、ストローを使って簡単に飲むことができます。
しかし、細かい氷を入れた場合、がんばって吸わないと飲み物を飲めません。

このように粒子の粗いものの間にある水は移動しやすく、反対に粒子の細かいものの間にある水は移動しにくいのです。
そのため扇状地は水はけがよく果樹栽培に適した土地となります。

警戒区域と果樹栽培に適した土地というのは、まさに表裏一体。
大地の恩恵を上手に活用しつつ、その危険性を理解して一緒に暮らしていく必要があります。

皆さんの住んでいる場所や働いている場所はどうでしょうか。
県民防災の日をきっかけに、ご自分に関係のある場所の「歴史」を知ってみてはいかがでしょうか。

ではでは。

イトケン

--------------------------------------------------------------------------
<参考>
・湯沢市役所のホームページ
 (http://www.city-yuzawa.jp/bousaimap/3761)
・秋田大学のホームページ
 (https://www.akita-u.ac.jp/honbu/general/eventa/item.cgi?pro&733)
・秋田地方気象台のホームページ
 (https://www.jma-net.go.jp/akita/jishin/tyubu.htm)
・国土交通省の資料
 (https://www.mlit.go.jp/river/sabo/sinpoupdf/gaiyou.pdf)
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング