湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

【しずこまちの旅 第4弾】疫病退散❗️巨大人形「カシマ様」を訪れます

2020-04-22

こんにちは❗️
地域おこし協力隊の齋藤です٩( ᐛ )و
 
 
しずこまちの旅 第4弾が公開されました❗️
今回は、秋田県湯沢市の岩崎地区にある
疫病からの守神と言われている「カシマ様」を
訪れます。

新型コロナの早い終息を祈って。。。。




少しでもお役に立てれば

2020-04-20


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されました。

人との接触を極力減らし、社会的距離(Social Distancing)をとることはウイルスの拡大を防ぐために非常に重要です。
いまは社会全体で我慢のしどきかなと思います。

ただ、個人の話なら良いとしても、企業さんの立場で考えれば相当に厳しい事態だとも思います。
特に人と接触しなければ事業が成り立たない業種の皆さんは本当に不安を感じていらっしゃることでしょう。

ゆざわジオパークとして、こうした皆さんに直接的な支援をすることはできませんが、
市内の企業さん、事業者さんを応援する意味でも、今日は「市民応援隊 ゆざわジオパークかだり隊(でぇ)」
少しだけ紹介したいと思います。

「市民応援隊 ゆざわジオパークかだり隊(でぇ)」は、ジオパーク地域内で事業を行っている皆様に、
ゆざわジオパークを内外にアピールしていただく取り組みです。

現在、宿泊業者や飲食業者などの事業所の方々を中心として、43団体に登録いただいています。

ちなみに登録団体さんには、こんな旗があると思います。
ただ、こういう状況なので、旗を出していない団体さんが多いかもしれません。

phto200420_01.jpg
写真1:市民応援隊の旗。

団体さんの中にはテイクアウトを受け付けていたり、ホームページから湯沢ゆかりのものを購入できたりする場合もあります。

湯沢にお住まいの方も、また遠方にお住まいで湯沢に興味やご縁がある方も、
ぜひこうした団体さんがあること、そしてそれ以外にも湯沢でがんばっている事業者さんがあることを
知ってもらえたらと思います。

みんなで上手に我慢をして、ウイルスと戦っていきましょう!

イトケン

【ご連絡】ゆざわジオパーク関連施設の休止(閉鎖)

2020-04-16


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

先日、湯沢保健所管内で新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

そのため、湯沢市の公共施設は5月6日(水)まで休止(閉鎖)となりました。

特にゆざわジオパークに関わりのある以下2つの施設も休止(閉鎖)となっています。

湯沢駅観光案内施設
ジオスタ☆ゆざわ(湯沢市郷土学習資料展示施設)

どちらの施設も上記期間中は無人となり対応はできかねますのでご理解とご協力をお願い致します。

photo01_200416.jpg
写真1:湯沢市観光案内施設の自動ドアに貼ってある張り紙。今日から閉鎖のため無人となります。

他に閉鎖されている施設については、市のホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス感染確認に伴い一般利用を休止(閉鎖)する施設一覧

現時点では5月6日(水)まで閉鎖となっていますが、
今後の状況によっては閉鎖期間の延長もありうるかもしれません。

自分の思い通りにならない期間がまだまだ続くかと思いますが、
自分なりの息抜き方法を見つけながら、ウイルスとの戦いを続けていきましょう。

イトケン

片栗粉とカタクリ

2020-04-13


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

先日少しだけですが、市役所前にある湯沢城址を散策したら、カタクリ(こっちだと「カタゴ」)の花が咲いていました。

photo200413_01.jpg
写真1:カタクリの花(紫色のもの)。真ん中上あたりにいます。わかりにくくて申し訳ないです。

立札があるので地域の人が植えたものでしょうか。

このカタクリをなんでわざわざブログで取り上げたかというと、「自分にとっては大変珍しい」からです。

実は前職でワークショップの開発をしていたころに、この片栗粉をつかってコンテンツができないかと考えたことがありました。

カタクリは「片栗粉」の元々の原料でしたが、いま販売されているもののほとんどはジャガイモのでんぷんから作られています。
このジャガイモ由来か、カタクリ由来かをワークショップの参加者に2種類の片栗粉を「触ってもらうことで判断できないか」と
想像(妄想)したのですが、結局、カタクリ由来の片栗粉が手に入らず断念した経緯があります。

それから1年ほど経ちましたが、まさか自分の目の前でカタクリの花を見ることになるとは思わず、
不思議な巡りあわせだなと感じています。

ゆざわでは、カタクリをおひたしにして食べるようですね。
機会があれば自分も食べてみたいものです!

ではでは。

イトケン


雪が少しだけ降りました

2020-04-06


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ドタバタの中で新年度を迎えました。

新型コロナウイルスとの戦いは本当に長期戦になると思います。
あらゆることが自粛、自粛で気が滅入ってしまうこともあるかと思いますが、
今は我慢をする時期かと思います。

不要不急の外出や換気の悪い密閉空間・多数が集まる密集場所・間近で会話をする密接場面(いわゆる3密)を避ける。
新型コロナウイルスの特徴としてまだまだわからないことが多いので、地味なことですが、
いまはみんなで地道に実践をしていきましょう。

ただ、あまり神経質になりすぎても気持ちが持たないので、自分なりの息抜き方法を取りつつ、
ウイルスとの戦いを継続していきましょう。

本当に早く収まると良いですね。

さて、本日ゆざわでは久々に雪が降りました。
本当に久々です。

そんな中、ふと疑問に思ったのが『例年はいつごろまで雪が降るのか』ということでした。
最近はスタッドレスタイヤをいつ交換しようかと常々迷っているのですが、
まだまだゆざわ初心者の自分としては、天候がよめず怖くて交換できていません・・・。

そこで再び気象庁のデータを使って、最後に降雪が記録された日付をグラフ化してみました。

今回は湯沢市内に2カ所ある気象庁の観測点(湯沢、湯の岱)の「降雪合計量」を利用しました。
各年のうち2月から4月で最後に降雪合計量が記録されている日付を「最終降雪日」として考えてみました。

ちなみに土地勘のない人のために簡単に補足すると、観測点「湯沢」は市街地、「湯の岱(ゆのたい)」は山間部と
ざっくり思っていただければと良いかと思います。標高は湯沢が74メートル、湯の岱は335メートルです。

photo200406_02.jpg
図1:最終降雪日の日付。横軸は各年、縦軸は最終降雪日の日付で、上に行くほど日付が早く、下に行くほど日付が遅くなります。今年(2020年)に関しては4月5日までのデータとなります。

さて、折れ線グラフにする必要はないのですが、ほかの形よりも見やすいかなと判断し、この形としました。

データのある約40年(観測点「湯沢」は雪の観測を始めたのが1985年以降)を振り返ってみると、
おおよそは市街地である湯沢で最終降雪日を迎えた後に、湯ノ岱でも最終を迎えているように見えます。

そのあたりは標高差が関係しているのではないかと思います。

また最も早い最終降雪日を記録したのは湯ノ岱だと1989年の「3月20日」ですが、
湯沢ではこのままいけば今年の「2月28日」が最も早い記録になりそうです。

やはり今年は記録的な少雪だったということができるように思います。

一方、最も遅い記録だと湯沢では2004年の「4月25日」、湯ノ岱では1984年と1996年の「4月22日」となります。
この時期に降られちゃうと多くの人はサマータイヤに交換してそうなので困りますね・・・。

ただ、過去40年を振り返ってみると、4月初旬にスタッドレスタイヤを変えれば概ね問題ないように感じました。
湯ノ岱のような山間部であれば、もう少し遅めで中旬ぐらいが目安でしょうか。

もちろん例外はあるので、その時々の天気予報と相談かなと思います。

さて、今週末に時間があればタイヤ交換しようかな。

では、今年度もどうぞよろしくお願い致します!

イトケン

------------------------------------------------------------------
出典:気象庁

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング