Welcome to my blog

秋田県湯沢市 ジオパーク推進協議会奮戦記!

ミラーマン 院内銀山を行く 明治以降の院内銀山(古河時代)

先回は堀松武一さんの書かれた分教場での様子をご案内いたしました。今回は、それより約10年近くあとの昭和6年から昭和9年までの4年間を十分一で過ごした永田典子氏(佐々木恭蔵氏長女)の書かれた十分一の様子をご案内いたします。昭和に入っているので、銀山での鉱石を採掘する事業はなくなり、残鉱堀でわずかに事業を行っていました。そのため、この当時の十分一の様子を見ると、明治期の様子とはかなり変わっていました。昭和1...