小渕ヶ沢湧水地

Categoryジオサイト 雄勝
皆さんこんにちは

最近の季節は一気に冷え込むものなんですね
もうすでに体調不良になり気味なふぢです…
こうして秋に近づいていくのを思うととても夏が恋しくなります
寒くなるのが苦手なので、もうすでに春を待ち遠しくして待っていようと思います

今日は余談が多くなりますが、今まさに湯沢全国まるごとうどんエキスポin秋田・湯沢 まるごと湯沢ストリートが行われようとしています
ご当地の稲庭うどんから南は長崎県の五島うどんまで様々なうどんがありますので、皆様是非お越し下さい

さてさて

今日は「美の郷ゆざわジオパーク構想」のジオサイト候補地雄勝の小渕ヶ沢湧水地についてお話ししていこうと思います
小渕ヶ沢湧水地は、JR横堀駅の南南東約8km、役内川と薄久内川が合流する川井橋、目覚めの清水の北約600m、小渕ヶ沢集落の北外れ道路沿いにあります

小渕ヶ沢湧水地

小渕ヶ沢湧水地中生代白亜紀後期(9700万年前)に地下深部で固まった花崗岩類です


いきなりですが皆さん花崗岩って言われると火山でできた岩であることは分かると思いますが、一体どういう岩なのとなりませんか
と、いうことで、ここで花崗岩についてサラッと説明させて頂きます
花崗岩とは簡単に言うとマグマが冷却・固まったもののことです
そして、そのマグマの冷え固まり方が地下でゆっくりとなのか急速に冷え固まったのかで違いがあります
花崗岩は地下でゆっくりと冷え固まった岩石ですゆっくり冷えると鉱物は大きく成長し、このようにブログにもよく出てきますが基礎岩盤になるんです

小渕ヶ沢湧水地②

話は戻って、小渕ヶ沢湧水地は傍らに祠があります行くときの目印にして下さい
ちょっと見つけるときに難儀かもしれませんがお近くにお越しの際によろしければ来てみて下さいネ

今日のブログは、明日から始まる全国まるごとうどんエキスポin秋田・湯沢 まるごと湯沢ストリートがとても気になる湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふぢでした
  • B!